うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

あなたは立体的に見えますか? | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From: 長塚崇宏
小田急線町田駅付近のカフェより、、

パソコンでずーっと仕事していると、
目がやたらと疲れるんですよね。

そんな時は私はステレオグラムを見ています。

え?ステレオグラムが何かわかりませんか?

ステレオグラムって言うのは、
こんな感じの絵のことです。

あなたも1度はこんな絵を見たことありませんか?

そうです。

寄り目で見る事によって、
絵が立体的に見える絵のことです。
(具体的には寄り目ではなくて、立体視と言う見方らしいです)

あなたはこの絵を立体的に見えますか?

立体的に見るとこの絵には
「I LOVE YOU」と書いてあります。

立体的に見ると文字が浮かび上がるって、
なんだか不思議ですよね笑

ですが私は最初このような絵を、
立体的に見ることが出来ませんでした。

立体的に見えるように何日間も練習しましたが、
全然見えるようになりません。

でも練習していくうちに、
だんだんコツを掴んできて、
ついに立体的に見えるようになったのです。

初めて立体的に見えるようになった時、
私は思わず「うぉっ!!」と声がでました笑

最初はとても難しかったのですが、
コツを掴んだ途端できるようになりました。

やはりコツを掴むことは重要ですね。

これは障害年金にも同じことが言えます。

障害年金を申請をする時、
用意しなければいけない書類や、
意味不明な専門用語が多過ぎます。

年金事務所に行ったとしても、
窓口ではやはり専門用語の連発です。

初めて障害年金の手続きを行う人にとって、
これはいくら何でも難し過ぎます。

また書類が揃えられたとしても、
審査に通るかどうかは別の話になります。

やはり障害年金の申請にも、
コツが必要になるんですね。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

どのようにしたら、
うつ病の人が障害年金を受け取れるか、
そのコツを熟知しております。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!