うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

バイトしてたマックに行ってみた


From: 長塚崇宏
小田急線町田駅付近のカフェより、、

私は30歳くらいまで、
お笑い芸人として活動していました。

お笑い芸人だけだと収入がないので、
学生時代からずっとマクドナルドでバイトしてました。

そのマックのバイトを辞めて数年経ち、
そう言えば当時一緒に働いていた人たちは、
まだ働いてるのかと思い、久しぶりにお店に行ってみました。

ドキドキしながら扉を開けて、
レジまで行って中を覗いてみると〜、
なんと当時一緒に働いていた社員さんと、
主婦さんがいるではありませんか!!

社員さんと主婦さんが、
「長塚さん久しぶり〜!!」と言って、
手を振りながら出迎えてくれました。

私も笑顔になって「久しぶりです!!」と言って、
手を振りかえしました。

やはり当時の仲間に会うのって良いですね。

自分の仕事の事とか、
最近のマック事情とで話が盛り上がりました。

今、私がどんな仕事をしているのかとか、
お店にはまだ誰が残って働いているのか等。

ふと厨房の中を見ると、
私が働いていた時には無かった、
パソコンのような機器が置いてありました。

アレは何か?と聞くと、
デリバリーの注文を受信するためのPCだそうです。

お客さんが携帯のアプリで注文すると、
そのPCにオーダーが入ってきて、お店が商品を配達するそうです。

めっちゃ便利だな〜!!!

家にいながらマックのハンバーガーが食べれるなんて、
いい時代になったな〜〜〜!!!

少し前なら、いちいち外に出なければいけなかったのに、
今はわざわざ出向く事なく届けてくれるなんて、とても便利ですね。

これは当社の障害年金サポートと似ていますね。

他の障害年金の業務を取り扱っている社労士事務所は、
お客さんと直接面談を行う所が多いのですが、
当社は直接面談を行わなくても、全ての手続きが、
電話・メール・郵送で完結いたします。

そのため、あなたが全国のどこにいても、
全国障害年金パートナーズが障害年金の受給をサポートをします。

北は北海道・南は沖縄まで、「どこでも」です。

もし不安に感じましたら、ぜひ1度お電話をください。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける