うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

草加せんべいがちょっと食べたくなる話


From:山崎純平
草加のカフェより、、

埼玉県草加市といえば?
そうです。草加せんべいです。

小学生の頃、社会科見学で、草加せんべいの工場見学がありました。

そこで聞いた話が、20年経った今も、よく覚えているのです。
それが、草加せんべいの誕生秘話です。

 

江戸時代になって草加が日光街道の宿場町として栄えていました。
街道沿いにある、お茶屋さんで、おばあさん(おせん)が団子焼いてを売っていましたが、余ってしまっていました。
その余った団子を捨てていました。

ある日、旅のお坊さんがお茶屋さんに来て、くつろいでいると、おばあさんが団子を捨てている姿を見ました。
そこで、お坊さんが、こうアドバイスをしたのです。

「その団子をつぶして、天日で乾かし、焼いて、売ってみてはどうか?」
と。
そのおばあさん(おせん)の作った煎餅、「おせんべい」と呼ばれるようなったという説があるそうです。

記憶は定かではありませんが、確かこんな感じの話だったと思います。

団子は賞味期限が早いですから、売れ残ってしまうと大変ですよね。
でも、お煎餅は、賞味期限が長いので、フードロス・食品ロス削減につながります。

そのおばさんは、お坊さんに合わなかったら、”おせんべい”という発想は思いつかなかったでしょう。
そしてその後も、ずっと団子を捨ててしまっていました。

一方でお坊さんの中では、「お煎餅は常識」だったのかもしれません。
お煎餅という活用法を常識のように知っていて、ただそれを伝えただけかもしれません。

そうしたら、おばあさんの長年の悩みが一気に解消してしまいました。

本当に気がつけてよかったです。

それは障害年金でも同じことがいえます。

障害年金を知らずに、自分の体に鞭を打って、無理矢理働いたりすることもあるでしょう。
また、働けなくて、でも収入がなくて、経済的な不安に押しつぶされてしまうこともあるでしょう。

そんなときに、障害年金という制度を知っていたら、どんなにか、あなたの経済的な不安や負担を軽くすることができるでしょうか。

障害年金をぜひ知ってもらいたい。
そんな思いで、私たちは日々情報を発信し続けています。

障害年金をもらったことで、「救われました」「人生変わりました」と嬉しいご報告を何度も何度も聞いています。

ぜひぜひ、障害年金を検討してください。
ちょっとでも気になったら、ご遠慮なくご相談ください。
あなたの力になります。

PS:草加市だけでなく、隣の市でも、草加せんべい売ってます笑




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける