うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ワクチン予約争奪戦!!


From: 長塚崇宏
小田急線町田駅付近のカフェより、、

来たる9月6日の8時45分、
ついにこの時がやってきました!!

私が住む町の30代コロナワクチン予約開始時間です。

私はこの日のために毎日、
市役所のHPを欠かさず見ておりました。

いつから予約が始まるかチェックしていたんですね。

そしていざ予約が始まった時のために、
市役所のHPからどのように予約するか、
シュミレーションも行っていました。

そして当日の予約時間になり、
予約スタート!!

HPにはアクセスが殺到しているのか、
次のページに進むのがとても遅いです。

私が予約に集中している横で、
ゴロゴロしてる男がいました。

私の双子の弟です、、。

予約が始まっているのに、
床でゴロゴロしています。

弟は毎日、市役所のHPを確認したり、
予約のシュミレーションも行っていません。

何なら予約開始時間から5分くらい過ぎてから、
「予約出来た〜?」と呑気に聞いてきました。

「いや何呑気にしてんだよ!!」
思わずツッコミを入れてしまいました。

予約開始時間から5分も過ぎてるのに、
私はまだ予約が済んでいなかったのです。

アクセスが殺到することは予測出来たはずなのに、
この呑気さはヤバいです、、。

開始時間から5分以上過ぎて、
弟もようやく予約し始めました。

ただ予約を始めたのは良いものの、
アクセスが遅かったりエラーになったりする度に、
弟は「くそー!」や「何でだよ!」と言って携帯を投げました。

「いや真面目にやれよ!!」
2度目のツッコミを入れてしまいました。

予約開始時から真面目に予約を始めていた私は、
何とか最速の接種日を予約することが出来ました。

それに対して弟は私の接種日よりも、
3週間も遅い日しか予約出来ませんでした。

やはり重要な手続きは前もって準備をして、
シュミレーションを行うことが重要ですね。

これは障害年金にも同じことが言えます。

障害年金の申請は行き当たりばったりだと、
とても大変なことになります、

あらかじめどのような事を準備して、
どのように手続きを進めるのが良いのか、
頭の中でシュミレーションしておく事が重要です。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

あなたが障害年金の手続きを進めるにあたって、
どのような準備をして、どのように進めれば良いのかサポートをします。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける