うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ワクチン1回目を打ちました


From: 長塚崇宏
小田急線町田駅付近のカフェより、、

9月6日の月曜にコロナワクチンの予約をして、
9月12日の日曜にワクチンを接種してきました。

私、注射の類はあまり得意ではないので、
この日はとても緊張しました。

インフルエンザワクチンは毎年接種してますし、
体調を崩した時によく血液検査をする機会が多いのですが、
やはり注射の類は苦手なままです。

コロナワクチンを接種する時は驚きました。

私の前の人が注射する時を見たのですが、
インフルエンザワクチンや血液検査をする時よりも、
長い針の注射を二の腕に垂直で刺してるではありませんか。

痛そぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

私は前の人が注射する瞬間を見て思わず、
「ひぃっ!!」と小声で叫んでしまいました。

アレを今から自分も行うかと思うと、
ものすごくゲンナリしました、、。

ゲンナリしていると、
前の人の注射を終えた医師がやってきて、
私の注射の準備を始めました。

医師は言います、
「アルーコール消毒しますねー」
「チクッとしますねー」

僕は小さい声を漏らしてしまいました、
「少し怖いです、、」

医師は言いました、
「まぁ、大丈夫ですよー」

チクッ!!その言葉の後に、
私の左二の腕にチクリと痛みが走りました。

この瞬間が私はとにかく苦手です。

痛さの程度はインフルエンザワクチンと同程度、
ですがやはり慣れない所です。

ただ、これでもう1回目が終わり、
ワクチン接種は半分終わったようなものです。

もう1回受ければコロナのリスクが格段に減るわけです。

これで色々な事が安心できますね。

ワクチンには安心を与えてくれる効果もあります。

何事も不安を抱えたら、
早く安心を手に入れたいですよね。

これは障害年金にも同じことが言えます。

あなたは今、うつ病で働けなくなり、
経済的な不安を抱えてると思います。

しかし、その経済的な不安を解消するのが障害年金です。

あなたも障害年金を受け取って、
経済的な安心を手に入れませんか?

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

あなたの障害年金受給をサポートします。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける