うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

無意識よ、ありがとう!


From:山崎純平
自宅より、、

やっべぇ〜〜〜
目覚まし時計かけ忘れたっ!

ある朝、勢いよく起き上がりました。

というのも、前日、ソファでうたた寝してしまい、夜中に目が覚めました。
半分寝ぼけた状態で、寝室に向かい、そのままダウン。

次の日は朝6時に起きないといけないですが、そんなこと考える余裕もなく、
寝てしまいました。

急に「6時に起きなきゃまずいんじゃない?」という声なき声が聞こえ、
(半分寝ぼけているので、本当に聞こえたように感じました)
とっさに目覚まし時計を見ると、朝の5時53分でした。

えっ?一瞬目を疑いました。
すごっ!

夢じゃないよね。

現実でした。

ちなみに、目覚まし時計もしっかりとセットしてありました笑

すごっ!!!

全然、意識してなかったんです。
本当に何も覚えていなかったんです。
しかし、無意識に目覚ましをセットしていたようですね。
もう一人の自分でかした!ナイスアシスト!

しかも、6時前に起きるという奇跡。
きっと、無意識が私に向かって、「6時に起きろ〜、6時に起きろ〜、6時に起きろ〜」と念を送り続けていたのかもしれませんね。

そのせいか、あまりぐっすり眠れませんでしたよ笑

ラッキーとしかいいようがありません。
これをもう一度やってって言われたら、やれる自信ないです。
完全に、寝坊確定ですよ。
本当にラッキーでしたね。

無意識ってすごいですね。
あなたも障害年金をどこに頼もうかな?って色々と悩んでいると思います。
当然です。
あなたの人生を左右する大事な選択ですから、慎重になるのもうなづけます。

慎重になりすぎて動けないこともあると思います。
実は、私たちに依頼くださった方の中には、「なんとなく」で選んでくださっている方もいるんです。

いわゆる、無意識的に「信頼できそうだな」ってことで選んでくださるのですね。
それでいいと思います。

最後は、「なんとなくで選んでよかった」と思えるように、しっかりと障害年金の受給に向けてサポートをします。

なんとなく信頼できそうだなって思ったら、ご連絡ください。
あなたの力になります。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける