うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

情報がありすぎてもダメ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

あなたは即決できるタイプですか?
それともじっくりと考えるタイプですか?

私は、じっくりと考えてしまうタイプです。
そうです。なかなか決められないのです。

私と食事をした日は、もうイライラしてしまう友人続出です。

レストランやファミレスに行った際、
友人は、メニューを見るや否や、「今日はハンバーグの気分だな」と言って、即決します。

私は、「え〜〜早い」と言いながら、メニューを最初から最後までじっくりと
熟読します。
美味しそうな写真がたくさん載っています。

肉汁アピール凄すぎ。
ジューシーだろうな。

俺もハンバーグかな。
いや、カレーもいいな。
最近、カレー食べていないしな。
いや待てよ。いつも同じものばかり食べるのはやめて、ちょっと冒険してみる?
豆腐ハンバーグとか絶対選ばないよな。これにしようかな。
でも、友達ハンバーグだから、被るかな?
・・・
あ〜ではないか、こうではないか。
と迷い迷い、さまよっていました。
まっっっっったく決められません。

友人は、「いいよ、ゆっくりで」と言ってくれるのですが、明らかに
「はよ、せんかい!」という眼差しをちょいちょい向けてきます。

それに耐えられず、決まってないのですが、「決まった!」と高らかに宣言し、ピンポーンを
押してしまいました。

もう一度言いますが、何を選ぶか決まっていません笑
店員さんがきて、「ご注文をお伺いします。」とのこと。

友人が「ハンバーグ定食1つ」と宣言。
私は、「え〜あ〜・・・」
沈黙が流れた後、
「同じので・・・」と言っていました笑

情報がありすぎると、決められず、迷ってしまい、すごく疲れてしまいますね。

メニューが「ハンバーグ定食」の一択だったら、こんなに疲れることはなかっただろうな。

これは、障害年金も同じことがいえます。
インターネットでは、障害年金に関する情報が、溢れまくっています。

その情報に飲み込まれると、どれが正しいか、正しくないかと考えてしまい、結局疲れてしまいます。

そういった情報は正しい情報もあれば、間違っている情報もあります。
しかもケースバイケースで正しくもなれば、まちがいにもなります。

あなたにあった情報適切に受け取ることが大切です。
そんなのできない〜〜〜
そんなときに、ぜひ全国障害年金パートナーズを頼ってください。
あなたにとって、重要な情報だけをお伝えします。

私たちに依頼した後は、もうその情報を一切見なくて大丈夫です。
逆に、みてしまうと、さらに混乱してしまい、せっかく私たちに依頼してくださったのに、
無駄に疲れてしまいます。

もう情報に惑われる必要はないのです。
あなたが無駄な情報から解放されるために、ぜひ、ご相談ください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける