うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

サンタさんの正体を知ってしまった日


From:山崎純平
草加のカフェより、、

今日はクリスマスイブ♪

クリスマスといえば、思い出すことがあります。

あれは、小学生のときでした。

お母さんに「サンタさんっているの?」と聞いたところ、
「いるかもね」と答えてくれました。

やっぱりいるんだ。
小学校では、「サンタさんはいる。」という意見が大多数でした。
夢を見ている小学生が多かったんですね。

なかには「サンタさんなんていないよ。」と夢を壊す発言をする、大人な小学生もいました。

私が一生懸命に、サンタさんは存在するんだ!と言っても、「証拠は?」と言われて、なんにも言い返せませんでした。
「サンタさんは、親だよ、親。親でない人がどうやって、お前の家に入るんだ?煙突ないだろう?」

当時の私は、サンタさんは「いる派」でした。
小さい頃より、サンタさんの絵本を何度も読み聞かせてもらい、サンタさんはいるのだと確信していました。

クリスマスは、欲しいものをもらえる何て幸せな日なんでしょう。
私は、クリスマスイブの日、自分の靴下をベットのそばにつるし、手紙を添えました。

サンタさんへ
ポケットモンスターゴールドをください

翌朝、いつもより3時間前に目覚めました。
ドキドキを抑えながら、靴下を見てみると、なんと

何にも入っていませんでした。

えっ?????
サンタさん!!!

涙が流れてきました。
サンタさんなんてやっぱりいないんだ。

俺の靴下が臭かったからだ。洗濯しとけばよかった。

と、落ち込んでいると、ベッドの下に、なんとプレゼントがありました!

開けてみると、ポケットモンスターシルバーでした。
(ゴールドじゃない)

とっても嬉しかったです。
やった。
ベッドの上で飛び跳ねました。

やっぱりサンタさんはいるんだ。
ほれみろ。

と、ある紙が目に写りました。
それは、なんとレシート
トイザラス草加店のレシートが入っていました。

一瞬で悟りました。
親だ・・・

そこで初めて、サンタさんの正体を知ったのでした。

知らないほうが幸せなこともありますね。
でも、逆に知っておいた方がいいこともあります。
それは、障害年金です。
障害年金を知らないばかりに、体に鞭を打って、無理矢理働いている人もいます。
でも、障害年金を知っていれば、働かずに、しっかりと休養ができます。

もし、あなたがうつ病等で就労が難しくて、日常生活に支障が出ている場合、
ぜひ障害年金をご検討ください。
あなたの力になります。

あなたからのご連絡をお待ちしています。
障害年金の受給という最高のプレゼントをゲットできますよう、全力でサポートをします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける