うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

男はモテたいだけでしょう。


From:山崎純平
大宮のカフェより、、

先日、髪を切りに行ったときです。
初めて担当してくださった、20代後半のOさん。

Oさんから「どんな髪型にしますか?」と聞かれましたので、
「こうして、あーして。前髪はこんな感じで。」と伝えました。

ここまでは普通のやりとりですね。

Oさんが髪の毛を切り始めました。チョキチョキ。

Oさんがふと「男性が髪を切る理由ってなんだと思いますか?」と聞いてきました。

私は「え〜なんですかね。」と考えていると、
Oさんが「男性は、モテるために髪の毛を切るのです。」と自信満々に言ってきました。

そして「女性も同じです。異性がこのようにいなかったら、おしゃれしたいと思わないですよ。
もし、男性が、男性友達に気に入られようとして、おしゃれしようとしたら、それはホモですね。」とのこと。

あなたはこれを聞いて、どう感じましたか?

私は、「この人と合わない〜」って思いました笑

確かにそういう考えもあると思いますが、私が髪の毛を切る理由は、
私はモテたいというより、髪の毛が長くなってきて、邪魔だなっていう気持ちの方が強いんですよね。
昔は、確かにモテたい!!!という気持ちで髪の毛を切っていました笑
でも結婚したため、モテたい!という気持ちが薄れてしまったのは確かですね。
安心してしまったのでしょう。

さて、合わないと感じたOさんですが、Oさんはこちらの気持ちを考えることなく
けっこう話していきます。
最初は、嫌だな〜って思っていたのですが、次第にOさんの話に興味が湧いてきました。

自分でも不思議だなって思うのですが、Oさんの話が面白いなと思うのです。

Oさんは、母子家庭で、家が貧乏で、中卒でした。
今まで1000円カットしか行ったことがなく、初めて行った美容師室で感動したそうです。
「こんなにかっこよく切ってもらえるんだ。」

そして、「美容師になって、たくさんの男性をかっこよくしたい。そして、自分が感じたように感動させたい。」という夢を抱いたそうです。

そして、16歳の時にアルバイトをして100万円ほど稼いで、専門学校に通ったそうです。
今では、20代後半の若さで、店長になり、月100名以上の指名をもらっているそうです。
20歳前半で、月120万くらい稼いで、全身ルイヴィトンのアクセサリーで固めたこともあるそうです。
その理由は、見せびらかすためではなく、「後半に、店長という夢を与えるため」だそうです。
店長になると、ルイヴィトン買えるんだぞ!って夢を見てもらうためです。

また、後輩に夢を与え続けるため、無理して、毎回奢っていたそうです。
だから、お金はたまらなかったそうです。
後輩のために自分のお金を惜しみなく使うのって、すごいな〜って感動しました。

この思いを熱く語ってくれました。
その熱さに私の気持ちも動いたのだと思います。
この人すごい!って普通に感動しました。
髪の毛を切りにきたことをすっかり忘れていました笑

1時間くらいで終わりましたが、5時間くらい話した感覚が残りました。
とっても濃い時間を過ごしたのです。

人を動かすのは思いです。
それは障害年金も同じことが言えます。
あなたの障害年金をもらいたいという「思い」が、役所の審査官を動かします。
役所の審査官も人です。
人の子です。

だから、私たちは役所に提出する書類に、思いもこめて書きます。
どうぞ伝わりますように!
私たちはあなたの思いも一緒に役所に届けます。

もしうつ病等で働くのが難しい場合、障害年金を受給できる可能性があります。
ぜひ、ご遠慮なくご相談ください。
あなたの力になります。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:Oさんを指名してみようと思います




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける