うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

東野圭吾の推理小説にハマってました


From: 長塚崇宏
小田急線町田駅付近のカフェより、、

あなたは小説を読んだりしましたか?

私は大学生時代、推理小説にハマっていました。

特に読んだのがタイトルにある通り、
東野圭吾さんの推理小説でした。

容疑者Xの献身、赤い指、白夜行、、etc

色々な作品を読みました(^^)

推理小説って楽しいんですよね。

事件が起きて犯人を探し始めるも、
謎が謎を読んでドンドン分からなくなる。

そしてラストに近付くにつれて、
謎が解明され始めていき、ついに犯人が暴かれる!!
こんな展開がとても楽しいんですよね。

そして最近、久しぶりに東野圭吾さんの小説を読みました。

それが「流星の絆」です。

2011年の作品で、
嵐の二宮さんが主演でドラマにもなりました。

幼い頃に両親を誰かに殺された3人兄弟(兄、弟、妹)が、
大人になって犯人を探して復讐するお話です。

大人になった兄弟達が犯人に復讐をしようとするのですが、
その復讐の過程がとても切なかったり、
また推理小説だけあってまさかの展開になったりします。

最後の最後にそんな結末になるの!?と驚かされました。

推理小説の時は誰が犯人なのか、
推測しながら読むのですが、
当てられた試しが全然ないです(^^;)

作品の中に登場する探偵や警察のように、
ズバッと犯人を特定できたらカッコいいですよね。

それぐらい推理小説は難しいと感じます。

難しいと言えば障害年金にも同じことが言えます。

障害年金を申請をする時、
用意しなければいけない書類や、
意味不明な専門用語が多過ぎます。

年金事務所に行ったとしても、
窓口ではやはり専門用語の連発です。

初めて障害年金の手続きを行う人にとって、
これはいくら何でも難し過ぎます。

また書類が揃えられたとしても、
審査に通るかどうかは別の話になります。

やはり障害年金の申請にも、
どのようにしたら障害年金を受け取れるか、
推理していく必要があるんですね。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

あなたがどのようにしたら、
障害年金を受給できるか推理します。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける