うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

栗を前に、呆然と立ち尽くしたことありますか?


From:山崎純平
草加のカフェより、、

ふと軽い気持ちだったんです。
栗ご飯食べたいな〜ってふと思ったんですね。

スーパーに買い物に行った時です。
いつも目に入らない栗が、私の頭の中に、飛び込んできましたっ!!!

栗が50個入りで、400円。

買ってみよう!
気がついたら、カゴに入れていました。
きっと美味しい栗ご飯ができるぞ!と期待に胸を躍らせました。

栗ご飯♪、栗ご飯♪、栗ご飯♪、と心の中で何度も口ずさみ、心はウキウキです。

家に帰って、早速調理スタート。
これが地獄の始まりでした。

栗を茹でてから、皮剥きをするのですが、これがとっても大変でした涙

栗の皮が硬い!
みかんの皮みたいに、スルスルとむけると思っていたのです。
その認識は間違いです!
ぜんぜんスルスルむけない!

包丁で切れ込みを入れて、あとは手で力づくでむいていきます。
幸いなことに、爪が伸びていたので、爪の力でグイグイむきます。

やっと1個むきおわりましたが、かかった時間、7分。
ということはですよ、50個あるので、全部むき終わるのにかかる時間は・・・
350分!!!
つまり、考えたくないですが、ろ、ろ、ろくじかん!!!!!
うわぁ〜〜〜〜

しかも、栗の皮って、1つじゃないんです。
2つあるんです。

外の皮が、鬼皮。
その鬼皮の中に、渋皮。

っていうことは、2倍の時間がかかる。

つまり、じゅ、じゅ、じゅうにじかん!!!!!!かかるってこと?

目の前が真っ暗になりました。

そんなとき、妻が帰ってきました。
妻に泣きつき、事情を一生懸命に説明をしたところ、
50個だったら、二人でやれば、1時間かからないと思うよ。」とのこと。

本当に?

12時間かからないってこと?

妻は、手際良く、皮をスルスル、むいていくではありませんか。

私の10倍のスピードで、どんどんむいていきます。

結局、30分足らずで、終わりました。

うわぉ!!!

その晩御飯は、もちろん栗ご飯。
こんなに美味しい栗ご飯は、初めてです。
ほっぺた落ちすぎて、思わず、2杯お替わりしていまいました。

栗ご飯を食べていて思いました。
障害年金も同じだな。

障害年金を申請をするのは、果てしない労力がかかります。
・まず障害年金の仕組みについて理解するため、本を読む。
・年金事務所に予約を取って、話を聞く。
・主治医に診断書を書いてもらう。
・出来上がった診断書をチェックする。
・年金事務所からもらった書類を書く。

これだけでも、大変です。
こんなに大変な作業をしても、障害年金が受け取れるかは不明。
審査は落とす審査なので、落とされる可能性も十分ある。
落とされた時には、今まで頑張った努力が水の泡。
まして、精神的に不調なのに、そんな大変な作業をできるのだろうか?

安心して下さい。あなたはそんな大変な作業をする必要は全くありません。
私たちがしっかりとサポートをしていきます。
しかもあなたにとって一番成功率の高い方法で、進めていきます。
あなたは基本的には、自宅でゆっくりと休養をしていれば大丈夫です。

あなた障害年金を受給できますよう、全力でサポートをします。
少しでも気になったら、ご遠慮なくご相談ください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:私の親指に、栗の皮がずっと挟まったままです。

爪がいたいよ〜〜〜

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける