うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

本年もよろしくお願いします


From:山崎純平
草加のカフェより、、

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

いきなりですが、お正月好きですか?
小学生の頃の私は、ちょっと苦手でした。

理由が、時間の流れが、12月と1月で全然違い、調子が狂ってしまうからなのです涙

12月って師走というように、とても目まぐるしく、動き回りますよね。
休みを犠牲にして、どんどん動き回ります。

会社では、今年中に仕事を片付けてしまおう!として、たくさん働きます。

家庭では、正月をゆっくり過ごすために、また、
お店も、正月休みがあるために、
「いまのうちに買わねば〜」ということで、たくさん買い物をします。

冬休みの宿題を終わらせるために、必死で勉強をします。

「今年の汚れは、今年できれいにする」という意気込みで、大掃除もしますね。

そんなこんなで、「あっ」という間に、12月が終わってしまいます。
本当に目まぐるしくて、時間がいくらあっても足りないくらい急がしいですね。
時間ってこんなに早いんだっていうくらい早い。

そうかと思えば、急にお正月になると、ゆっくりと時間が流れます。
家でのんびりと過ごしますね。
今まで忙しかったのに、急に暇になる感じが、私はとても苦手です。

 

小学生の頃、
正月になると、みんなが休みモードになりますので、調子が狂ってしまうのです。
私は、家でのんびり過ごしたくない!と感じているのですが、お店は正月休み。
家では、家族はのんびりと過ごす。
友達も、のんびりと過ごす。

行き場がないな〜といつも感じてしまうのですね。
外で一人で放浪しても、正月のため、時間がゆっくりと流れているので、全然時間が経ちません。
家に帰っても「ほんわか」しているので、ちょっと居心地悪いなって思っていたのですね。

不思議ですよね。
12月と1月で、こんなに時間の流れが違うんですかね。

また、大人になると、逆に正月休みがとてもありがたいなって思います。
ゆっくり過ごすということが、大人になると少なくなるからなのかもしれませんね。

小学生の頃は、忙しくないので、ゆっくり過ごすことにありがたみを感じていなかったものと思います。

12月は忙しいが、1月になると、あの忙しさは何だったのだろう。
あれは何だったのだろう・・・
と思うことありませんか?

それは、障害年金のことでも同じことが当てはまります。
障害年金をもらう前は、経済的な不安を感じることが多く、苦しい思いをしていたのに、
障害年金を受給できたら、その経済的な不安はどっかいってしまった。
あの不安は何だったのだろうか?と感じること多いと思います。

そんな経済的な不安を解消してくれる障害年金。
とても素晴らしい制度だと改めて思います。

今年も、うつ病等の精神障害のために働くこともできず、苦しんでいるたくさんの方に、
この素晴らしい障害年金を受給してもらえるようにしっかりと取り組んでいきます。

今年もどうぞよろしくお願いします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける