うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

埼玉初!エスカレーターは歩かないで


From:山崎純平
大宮のカフェより、、

知りませんでした。
ある朝、駅でいつものようにエスカレーターを乗った時です。
急いでいたので、いつものように、エスカレーターを登ろうとしたら、あるポスターが目に入ってきました。

「エスカレーターでは立ち止まろう!」

このようなポスターは以前にも見たことがあります。
注意喚起のポスターくらいしにしか思っていませんでした。

それから数日後、また別のエスカレーターの場所でも、
「エスカレーターでは立ち止まろう!」
ポスターがありました。

なんか、最近よく見るな〜
と思っていたら、なんと埼玉県で条例として決まったようでした。
しかも全国で初めて、エスカレーターでは歩いてはいけないという条例がきまったようです。

・利用者の義務(第5条)

立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない。

 

ちなみに、罰則はありません。

あなたはこの条例は賛成ですか?反対ですか?

この条例のできた経緯としては、エスカレーターの事故が多く、
他の利用者と接触事故を起こすことが多いからだそうです。
それを防ぐためには、歩かないで、止まって利用することが大切です。

おっしゃることはごもっともですね。
でも、なかなか難しいです。

今までの習慣を変えるのは難しい。
自分だけならまだしも、他の人を変えるのは難しいですね。

エスカレーターの右側に立ってしまったら、そこで立ち止まり続けるのは難しいです(関西では左側に立ってしまったら〜と考えてみてください)。

後ろからの圧がすごいです。
「はやく〜なんで立ち止まっているの?」
なんてプレッシャーをかけられてしまいますね。

でもエスカレーターで歩くの事故の元。

なかなかこの埼玉の条例が浸透するのは時間がかかりそうですね。
どうせなら、埼玉だけでなく、全国一律に条例や法律を作ったほうがいい気がします。

無難に、今まで通り左側を利用するのがいいようです。
または急いでいるときは、階段を使ってエクササイズするのがいいですね。

エスカレーターが埼玉で条例になったというのは、埼玉に住んでいる人も
意外に知りません。
埼玉に来たら、注意が必要ですね。
地域によってルールが違う。
これは、障害年金でもありました。

以前、障害年金の審査は地域ごとで行われていました。
その結果、この地域では障害年金が通りやすい。
この地域では、審査が厳しい。
といった地域の格差があり、問題になりました。
おかしな話ですね。
審査基準があるのにですよ。

その問題を解消するため、現在では審査本部で一括で年金の審査を行なっています。
その結果、地域の偏りはなくなりました。

でも相変わらず、その審査基準は不透明で、わかりにくいです。
日常生活に支障が出ている・・・って具体的になんですか?って思いますよね。

そのつかみどころのない審査基準をしっかりと理解しないままに、申請をしたら、どうでしょうか。
たまたま審査基準に合致したので、合格。
たまたま審査基準に合致しなかったので、不合格。
これって、運に任せるのと同じですよね。
あなたは運が強いですか?

私たちはその審査基準をしっかりと把握していますので、
あなたは運気をあげる必要はありません。
あなたは諦める必要もありません。

私たちがあなたが障害年金の受給できるようにしっかりとサポートをします。
少しでも気になったら、ご相談ください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける