うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

大変!「泥棒」されそうです


From:山崎純平
草加のカフェより、、

実は、障害年金の受給が決まった方が報酬を支払わないのです。
えっ?そんなことあるの?って思ったことでしょう。

私もそんなことがあるのか!と驚いています。

その方(40代女性)の案件は実はとても難しい案件でした。
私たちはなんとか、その方に障害年金を受給してもらいたい、
その一心で障害年金の手続きを進めてきました。

これまで培ったノウハウを使って、ありとあらゆる手段を考えました。
その方のために使った時間は、30時間はゆうに超えるでしょう。

半年ほどの時間をかけて、無事に障害年金の受給を勝ち取りました。

が、それから成功報酬の請求書を送ってから、
音信不通になりました。

今まで普通に連絡が取れていたのに、一切私からの連絡を無視するようになりました。

ご体調が優れないのか?
何かあったのか?
事件に巻き込まれたのか?
などなど不安なことが浮かび、とても心配になりました。

そこで、簡易書留で書類を送ったところ、無事に受領。

ほっとしました。
とにかく無事でよかった。

しかしそれからも連絡がなく、もしかしたら「報酬を踏み倒すつもりなのか」と嫌な考えが浮かんできました。

私は報酬を頂けないことよりも、その方に「裏切られた」気持ちの方がとても強く感じました。
今まで一生懸命にサポートをしたのに・・・

そしてそれ以上に、その方が「犯罪者」になってしまう・・・それが気がかりでなりません。
報酬を踏み倒すということは、犯罪を犯していることです。

報酬を支払うつもりで近づいてきて(報酬を支払うようなことを装い)、いざ障害年金の受給が決まったら、報酬を支払わない・・・
これは、詐欺罪が適用されるのではないでしょうか?
泥棒と同じです。

その方は、これからずっとこの罪を背負って生きていかないといけません。
罪悪感を感じ、ますます体調があっかしてしまいます。
そんなことをしたくありません。
そのために、今後も連絡し続けます。

でもこれって時間の無駄だと思いませんか?

この時間があれば、より多くの人の障害年金のサポートができます。
事実、この方には30時間を超える時間をかけていましたので、新規のお客様のご依頼をお断りをしました。

また、報酬をしっかりと支払ってくれる方に対して、大変失礼です。
逃げれば得だと社会には絶対にしたくありません。
真面目に生きている方に対して大変失礼です。

真面目に生きていていて、理不尽な仕打ちを受けても、耐えて頑張っている人が
最後は報われる社会にしたいと思います。

そのため、報酬を支払わない人のサポートはしません。
何を当たり前なことを言っているんだろう・・・ですよね。
当たり前ですね。

真面目な人が損をしない社会にしたい・・・当たり前だと思うのですが、現実はなかなか難しいです。

当たり前のなのに、とっても難しいです。

きっと、その考えを持っていない人がいるからです。
例えば、パワハラをする人。
人の心を平気で傷つける人。
そういう人がいるから、うつ病がなくならないのです。

私たちはうつ病という病気をなくしたいと思っています。
そのために、私たちは、あなたの敵である以下の人のサポートしません。

・誰かをうつ病にした人
・暴言を吐いて、人の心を傷つける人
・自分さえ良ければあとはどうでもいいと考える人

あなたの敵は、私たちの敵です。

その非常識な人にかける時間をゼロにして、本来障害年金をもらってほしい方、そう、あなたが障害年金を受給できるように全力でサポートをします。

もし私たちの考えに共感してくださるなら、あなたとの相性は抜群です。
しっかりとあなたのサポートをします。
少しでも気になったら、ご相談ください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:連絡を取り続けたことで、ようやく連絡が取れました。
家族に諭されたようでした。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける