うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

初めてのディナクルーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

先日、人生初めて、ディナークルーズに行って参りました。
いわゆる、船の上で食事をしてきました。
実は、宮里さんから「家族サービスしてくださいね」と食事券を頂きました。

家族があって、今の自分がある。
ついつい、家族への感謝が薄れてしまう自分ではありますが、今回のディナークルーズで、
改めて、家族への感謝を知ったのでした。

当日は、私は誰よりもハイテンション。
妻のテンションを10段階中3とするなら、私は既にです。

海の上で食事ってどんだけロマンティクなんだろう。
海と聞いただけでテンションが上がってしまうのは、私が埼玉県民だからでしょうか?

乗船時間の2時間前に到着。
(早すぎ笑)

当然、他のお客さんは誰もいません。

でも、2時間はあっという間でした。
海をただただ眺めているだけで幸せでした。

※これはイメージです

 

いよいよ。乗船。
4回建ての船で、見たことない大きさです。
(写真をお見せしたかったのですが、運が悪いことに、スマホの充電が切れてしまいました。
待ち時間の2時間で、ひたすら「海」を撮りすぎたせいでしょうか涙)

こんな大きな鉄の塊が、なぜ浮いているのだろうか?と真剣に考えました。
結局答えは出ずに、乗船。

船内は、まさにホテルのようです。
食事をする場所は、レストランのような場所でした。

※これはイメージです

 

フランス料理だったのですが、食べたことのない料理が次々に運ばれてきます。
キャビアなんて生まれて初めて食べました。
美味しいのか分かりませんでしたが、高級なんだなと思いながら、ゆっくりと噛みしめました。

伊勢エビのワンタン包み揚げが出てきた時は、お〜これが噂の伊勢エビか〜と
またまた、ハイテンション。

今まで食べたエビとの違いを見出すことができませんでしたが、
「高級なんだな」とゆっくりと時間をかけて噛みしめていました。

今まで食べたことのない料理ばかりで、本当に夢のようでした。
心の中で「時間よ止まれ!」と何度も叫びました。

実は、私はかねてより、ある計画を考えていました。
それが、妻へ花を送るということです。
事前に買っていた花束(数本)を隠し持っていました。

デザートが来たら、渡そうと思っていたのです。
思えば、妻に対して、花を送ったことがありませんでした。
妻は花が好きなので、よく自分で買ってきます。
この機会に、花をプレゼントしようと計画していました。

デザートが運ばれてきました。

緊張します。
深呼吸をして、カバンから花束を取り出しました。

「これ、つまらないものですが」

と予定していた言葉でない言葉を発してしまったのです。

予定では、「いつもありがとう」と言うはずでした。
お歳暮でも送るようにセリフを言ってしまいました。
やっちまいました。

でも、妻はそんなことより
「あ〜ありがとう。びっくりした。」
とこれ以上にない、今日1日の最高の笑顔をくれました。

結果オーライ。

今回のディズニークルージングで、改めて、妻への感謝の気持ちを持つことができました。
日々一緒にいることが当たり前ではないんだなと改めて、感じました。
食事をしているときも妻の嬉しそうな笑顔を見るたびに、「よかった」と自分も幸せになりました。
このような機会がなかったら、この当たり前の感謝に気がつけませんでした。
宮里さん、ありがとうございます。

ディナクルーズはしょっちゅう行けるものではありません。
でも、感謝はとても簡単にできます。
「ありがとう」って声に出して伝えればいいのですから。

当たり前を当たり前にしないように、日々感謝しながら、また仕事がんばります。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける