うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

太りやすい体質なんです


From: 長塚崇宏
小田急線町田駅付近のカフェより、、

朝食:プロテインバー1本(バナナ味)
昼食:カップのワンタン麺入りスープ
夕飯:焼いた塩サバとサラダ

これは私が減量を意識した、
ある1日のメニューです。

こんな感じのメニューを1週間続けたら、
体重が1,5キロ減りました。

体重が減ったのは嬉しいのですが、
ある問題が起きました。

それが1,5キロ以上の減量が、
思うように上手くいかなくなったのです。

ダイエットあるあるですね。

減量してると一定の体重から減らなくなる現象。

こんな状態の時に油断してラーメンなんか食べると、
あっと言う間に体重が戻ってしまいます(;o;)

いくら食べても太らない人が羨ましいです。

そんな私に対して、
同じ全国障害年金パートナーズのメンバー、
山崎は全然違います。

当社HPのメンバーページを見ると分かると思いますが、
山崎は長身で細身なんです。

いくら食べても太らない体質で、
私からしたら羨ましい限りですが、
それでも山崎なりの悩みがあるそうです。

それが
・脂肪がつきにくいから冬寒い
・筋トレしても筋肉が付きにくい
などです。

確かに私は太りやすい体質の反面、
筋肉も付きやすい体質なので、
1ヶ月も筋トレすると体が引き締まり、
筋肉もついてきます。

太りやすい体質、痩せやすい体質、
どちらも一長一短なんですね。

人によって体質は様々ですし、
体質によっては課題・解決策も変わってきますね。

これは障害年金にも同じ事は言えます。

障害年金の申請を行う時、
人によって申請の課題は様々です。

課題によって解決策が変わってきます。

あなたは初めて行う障害年金の手続きを、
ご自身の力だけで課題を解決できますか?

もし難しいと思ったならば、
全国障害年金パートナーズにご連絡ください。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける