うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ルフィ船長から教えてもらったこと


From:山崎純平
漫画喫茶より、、

漫画のワンピースに絶賛ハマり中です。
ようやく、100巻揃えました。
今まで、虫食い状態で、80巻がない、84巻がない・・・と全巻揃っていませんでした。

ですが、ここにきてようやく全巻を揃えました。
やった。
A型なのでしょうか。
完璧主義なのでしょうか。
なんか今まで気持ち悪かったのですが、全巻揃ったことで、気持ちがスッキリしました。

改めて、ワンピースを読んでみると、ルフィって根性あるなって思うのです。
海賊王に俺はなる!」と有名なセリフがあります。
あなたもきっと聞いたことがあるでしょう。

それを言うと決まって、
「お前になれるわけがない」
「何の王になるって?笑わせるな、小僧」
「やめとけ」
と周囲から、猛烈な反対にあいます。

そんなこと言われたら、心折れますよね。
1人に言われるのだったら、「まぁ、あいつにわかってもらわなくてもいいけれどね」と開き直れます。
しかし、何人もの人に「無理」って言われると、「そうなのかな」って夢を諦めてもおかしくありません。

また、読んでいる読者(私もですが)も、「無理じゃない?」「そんなに甘くないよ」と思ってしまうこともあります。

でも、ルフィは自分の信念を曲げません。
海賊王になるといったら、なるんだ!」と自分の信念に一切の疑いをもつことなく、純粋に自分の道を進んでいます。

その信念に人は心を動かされ、どんどん仲間が増えていきます。
それぞれの仲間も、自分の夢を持っています。
それと同時に、ルフィの夢が叶うことを微塵も疑うことがありません。
本気で、叶うと思っています。

そして、だんだんと読者(私も)も、「これは海賊王になるにちがいない」と、ルフィの夢を応援するようになっていったのです。
海賊王にはまだなっていませんが、一つ言えることは、海賊王は1人では絶対になれないということです。
仲間がいないと、海賊王になれません。
でも、ルフィには仲間がたくさんいます。
だから、海賊王になると私は思うのです。

ルフィの仲間は、ルフィを支えるために、それぞれ役割があります。
・食事を支えるサンジ
・無事に目的地に辿り着くために、航海術の面から支えるナミ
・皆を楽しませるために、音楽を奏でるブルック
などなど。

さて、うつ病も1人では克服は難しいと思います。
もし、1人で克服できたとしても、かなりの時間がかかることでしょう。

逆にいうと、うつ病は1人ではなく、仲間と一緒に乗り越えていくものではないでしょうか?
あなたには仲間がいますか?

あなたがゆっくりと休んでもらえるように、身の回りのことをしてくれる家族。
医学的見地から、あなたが元気になるために治療をサポートをしてくれる医師やカウンセラー。
あなたを気にかけてくれる、友人。
などなど。

あなたは1人ではありません。
そして、私たちは、あなたの経済的な不安を解消するために、
障害年金という側面からサポートをします。

みんなで、あなたが元気になるサポートをしていきます。
安心してください。
少しでも障害年金のことが気になったら、ご相談ください。

では、船長!出発の掛け声をお願いします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける