うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

そこら辺の社労士に障害年金を依頼してはいけないワケ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

あなたが障害年金の申請を考えているのなら、このブログをぜひ、あなたに読んでもらいたいです。

もし障害年金のことをこれっぽっちも考えていないのなら、今のあなたには必要のないことですので、どうぞこの画面を閉じてください。

 

まだ読んでいますか?
ありがとうございます。

実は、障害年金の依頼を社労士に依頼するタイミングがあります。
ある時期に、社労士に依頼をしてはいけません。
そのタイミングを間違えると、あなたは依頼を受けてもらえません。

そのタイミングが、
4月、6月、7月、8月、9月、12月、1月、3月
です。

つまり、あなたが社労士に依頼をすべき時期は、
2月、5月、10月、11月の4ヶ月だけです。
この時期以外に依頼をすると、依頼を受けてもらえない可能性があります。

というのが、社労士には繁忙期があります。
社労士の99%は、会社を相手に仕事をしています。
そのため、
4月は、顧問先の会社の入社の時期で、入社手続きに追われます。

6月〜9月にかけて、年度更新や算定手続きと言って、従業員の雇用保険料、社会保険料を計算して、役所に申告する時期です。
また夏の賞与の手続きも発生しますので、大忙し。

12月はというと、年末調整やら、冬の賞与の手続きでこれまた、忙しい。

1月は、年が変わり、これまた忙しい。

3月は、年度の終わりのため、退職手続きなどで、忙しい。

だから何かしらの理由をつけて、あなたの依頼を断ります。

「あなたは障害年金もらえないですよ。」と言って断る人もいます。

実際にはもらえるのに・・・

そんな忙しい時期に、障害年金の手続きをしている暇はありません。

もし依頼を受けてもらったとしても、後回しにされます。
ひどい社労士になると、「私の指示したとおりに、書類を作ってもらえればいいです」と言い、書類作成をお客様にさせます。

手抜きですよね。
これで報酬は満額受け取るのです。

当然、素人の書いた書類は、間違いだらけですので、これでは役所に「どうぞ審査に落としてください」と言わんばかりの書類になります。

こんなのおかしいですよね?

だから、私たちは他の社労士と違い、障害年金のみしか仕事をしていません。
しかも、精神障害のみしか扱っていません。
身体障害等は扱っていません。
他の仕事は全て断っています。

だって、他の仕事をしながら、難解な障害年金の手続きができるわけがありませんから。
ただ障害年金の手続きをするのなら、誰だってできます。

目をつぶってでもできます(これは言い過ぎですね。)

私たちは、ただ手続きをするそこら辺の社労士とは違います。

障害年金の受給というゴールしか見ていません。
それ以外、眼中にありません。

だって、あなたが望んでいるのは、障害年金の受給という結果ですから。
申請をしてもらうことがゴールではありませんよね。

どうぞ、社労士に依頼するときは、2月、5月、10月、11月のときに依頼してくださいね。

ちなみに、私たちはいつでも依頼を受けることができますので、ご安心ください。
ただし、かなり専門性の高い仕事のため、私たちも全力で仕事をしています。
そのため、1ヶ月20人しか依頼を受けることができませんので、ご了承ください。

あなたが障害年金を受給したいとお思いでしたら、ぜひご相談ください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:当然、全ての社労士がそんないい加減な社労士ばかりではありません。

誠実に仕事をする社労士もいます。

ただこのブログで書いた社労士は実在します。

それも1人や2人ではありません。

ご注意を。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける