うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

面白いと思ったけれど、優勝しませんでした


From:山崎純平
草加のカフェより、、

先日、M1グランプリを観ていた時のことです。

日本一の漫才を決めるグランプリです。
ここで優勝をすると、人生が変わります。
芸人の方は、いろいろな思いを背負っています。

10組が決勝戦で漫才を披露するのですが、一番、私の爆笑をさらったのが、
「真空ジェシカ」
でした。

クスクス、ハッハッと笑えをこらえずには、いられませんでした。

これが優勝かな?って勝手に審査員になりきって、審査をしていました。
ですが、
「オズワルド」
も面白かった。

安定していましたね。
安心して観ることができました。

結果はというと、
「錦鯉」
が優勝。

面白かったですね。

 

ですが、審査員の基準と、私の基準は違ったわけですね笑

あなたは、どの組が一番面白かったですか?
一番面白いコンビを決めるグランプリが、M1ですが、この「一番面白い」ってかなり基準が曖昧ですよね。

私やあなたにとって、面白いと思っていても、
審査員から「面白くない」と判断されたら、それで終了です。

逆に、面白くないと思っていたけれども、審査員が「面白い」と判断をしたら、
「面白い」ということになるのです。

この審査を誰がするのか?
その審査員にどうしたら面白いとわかってもらえるか?
この観点を外すと、M1では優勝できません。
(私たちの感覚と審査員の感覚が一致すればいいのですが、それは難しいですよね。
だって、私たちの間でさえ、面白いの基準が人それぞれですからね。)

それは、障害年金にも同じことがいえます。

あなたの症状がいくら重かったとしても、審査員が「重い」と判断しないと、障害年金は受給できません。

重いっていう表現って、とても曖昧ですよね。
そこで審査員が受診するのが、医師の診断書です。
診断書から「重い・重くない」と判断するのです。
つまり、主治医があなたの状況をしっかりと把握して、それを診断書に書いてくれるかどうかが、かなり重要ということです。

あなたは主治医にあなたの症状や日常生活でどんなことに不便を感じているかを、しっかりと伝えることができていますか?
もし、伝えることができていないのなら、ぜひ、主治医に伝えてください。
でも、何を伝えらいいかわからないということもあるでしょう。

安心してください。
私たちが、あなたの代わりに、主治医のあなたの症状や日常生活においてどんなことが不便なのか?をしっかりと伝えます。
伝えると言っても、口頭で主治医に伝えるのはかなり難しい。

というのが、主治医はかなりお忙しいです。
忙しい中、口頭で、伝えても、主治医の頭の中に、あなたの症状の重さを記憶してもらうことは難しいでしょう。
そこで、私たちは診断書依頼資料を作っていきます。
それは、あなたの症状をまとめた資料で、いわばあなたの分身です。

その資料を先生に渡すことで、先生はあなたの症状を適切に把握できますので、しっかりとした診断書を作ってくれます。
その結果、審査員は「症状が重い」と判断できますので、障害年金を受給できる可能性が格段にあがるのです。

もし、1人で障害年金の申請が難しいとお思いでしたら、ぜひ私たちにご相談ください。
あなたの力になります。
あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける