うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分はお荷物だ | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

自分が、本来なら親の面倒をみないといけないのに、親に面倒をみてもらっている。
情けない・・・

と涙ながらに、苦しい胸の内をお話しくださったAさん(男性・40代)。

上司のパワハラに会い、精神的にも追い詰められ、退職。
その後、就職しようとするも、当時のパワハラの記憶が蘇ってきて、すぐに退職。
その後、さらに体調が悪化してしまい、主治医より「まずは休息しましょう」とのこと。

ご両親に経済的な援助はもちろん、身の回りのサポートをしてもらって、なんとか生活をしている状況です。

Aさんは、しきりに家族に申し訳ない、申し訳ない、申し訳ないと繰り返していました。
自分は家族に何もしてあげられていない。お荷物だ。

いつも自分を責めてしまい、その結果、余計に症状が悪化していました。
主治医からの「自分を責めなくていいんだよ。」と、アドバイスをもらっているのですが、
自分でもわかっているのですが、どうしても自分を責めてしまうとのこと。

家族からは当然、「いいんだよ。ゆっくり休みな。」と温かい言葉をかけてもらっているのですが、それが余計に辛い。
優しくされると、余計に自分の惨めさを感じてしまうと、お話しくださいました。

私の方で、障害年金のことをお話をすると、パッと、Aさんの声のトーンが明るくなったのです。

障害年金を受給できれば、Aさんの場合、障害年金2級に該当する可能性がありますので、
そうすると、月7万円ほど収入が入ってきます。
月7万円をもらえたら、Aさんはどうしますか?
と、私が聞くと、

Aさんは、
7万円ももらるのですか?
まずは、家族にご馳走したいです。
母の誕生日にいつも、何もしてあげられなかったので、レストランに連れて行ってあげたいな。
父には、ハンカチをプレゼントしたいな。
それから、・・・・

と、嬉しそうに、やりたいこと、したいことを語ってくださいました。

自分が今後、働くことができないと考え、当然、収入が入ってくることは、これまで一切考えていませんでした。
それが、月7万円ほどもらえるとなると、今まで押し殺していた思いや願いが、一気に溢れました。
やりたいこと、したいことを、あきらめなくていいんです。

あなたを支えてくださった家族のために、障害年金を使うもよし。
自分のために使うのもよし。
貯金するもよし。

障害年金が受給できれば、忘れていた、希望を思い出すことができます。
それだけで、気持ちが楽になりませんか?

1人だと、障害年金の申請に不安がある。
そんなときは、ぜひ私たちを頼ってください。
私たちと一緒に、障害年金の受給を目指していきましょう。
あなたが一歩踏み出してくれるのなら、私たちはその一歩を全力で応援します。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:Aさんですが、現在、障害年金の申請を無事に終えて、結果を待っている状況です。
良い結果が出ることを望んでいます。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!