うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

不正受給なんて本当にあるんですか?


From:山崎純平
草加のカフェより、、

不正受給なんて本当にあるんですか?
この質問は、時々、依頼者の方から聞きます。

実は、不正受給の相談はあります。
ごくごく少数ですが、あります。

ある40代男性からのご相談です。

その方は、うつ病の症状が発症しているのですが、普通に就労していて、日常生活も特段問題なく過ごしていいます。

この方の場合、うつ病によって、日常生活に支障が出ていないので、現時点では、障害年金の受給が難しいです。

そのことをお伝えすると、
「そこをなんとかしてもらえませんか?」と最初はやんわり聞いてきたのですが、
私が「今の時点では、難しいです。」とお伝えしても、

いやいや、お金が今なくて、障害年金をもらいたいんです。
あなたも報酬欲しいでしょう?
だったら、なんとか障害年金を通るようにアドバイスをしてくれよ。
それをするのがあんたらの仕事だろう!

と段々、語気が強くなってきました。

私は、正直、はぁ〜〜とため息をつきたくなりました。
(心の中で、何度もため息をつきました。)

こんな人がいるから、障害年金の審査が年々厳しくなるんだよ。
不正受給が増えたら、審査が厳しくなり、その結果、本来障害年金がもらえる人が、もらえなくなるということが、起きてしまうのです。

これはぜっっったいにあってはならないことです。

一部の悪人のせいで、他の善人が犠牲を被る。
これは障害年金に限ったことではありません。

例えば、スーパーの盗難が増えれば、監視カメラが増える。
監視カメラが増えるということは、お店の経済的な負担が増える。
お店の経済的な負担が増えるということは、お店の価格に影響する。
その結果、私たちがその分、高いお金を払わなくてはいけなくなってしまう。

あなたの身の回りにも、こんなことありませんか?

みんながみんな、あなたと同じように善人であればいいのに、一部の悪人のせいで、
無駄にあなたが負担を強いられているのです。

だから、私たちは善人が損をしないために、不正受給に対しては、厳しく対応をします。

そのため、ご依頼をいただく際には、事前に、「障害年金の支給停止申出書」という書類を頂いております。
これは、障害年金が決まった際に、万が一不正が不正が発覚した場合に、決まった年金を取り下げをすることができる書類です。

依頼をいただくときに、しっかりとご説明します。それを了承していただけない場合は、
当然、ご依頼を受けません。

不正受給がなければ、当然、使いませんのご安心ください。

このようにして、不正受給者を排除しています。

もしあなたが、
不正受給なんてそんな人いるの?
不正受給ありえない!
不正受給最低っ
と考えているのなら、わたしたちと相性がいいです。

ぜひ、ご遠慮なくご相談ください。
障害年金に向けて、しっかりとアドバイスをしていきます。
ご連絡お待ちしています。

PS:不正受給をして稼いだ報酬なんていりませんので、冒頭の不正受給の相談をしてきた方は、お断りしました。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける