うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ハラミとロースがうまいっ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

こんにちは、焼肉大好き、山崎です。
家の近く、徒歩3分に、安楽亭があります。
今回のお話で、あなたはきっと、今晩のご飯は焼肉になるかもしれません。
(現に、私の今晩のご飯は焼肉にするつもりです。)

先日、両親と安楽亭に行ってきました。
いつも、私は決まってカルビ定食を頼みます。

焼肉=カルビ
という頭が、昔から離れません。

中学生の頃、カルビ1枚でご飯1杯(大盛り)食べられました。
カルビというか、焼肉のタレで、ご飯食べていたものですね笑

ですが、年と共に、カルビを食べた後、ちょっと気持ち悪くなります。
昔はなかったのですが。
これが、いわゆる胃もたれっていうやつでしょうか。

毎回、毎回、胃もたれをするのですが、いつもカルビ定食にいってしまうんですよね。
メニューをじっと見つめて、他のメニューも考えてみるのですが、カルビいっちゃうんですよね。

そんなとき、父親が、ハラミとロースをオーダーしました。
父から「ハラミ、食ってみろ」とハラミを一枚もらいました。

 

ハラミって聞くけど、そういえば、食べたことないかも?と思い、恐る恐る食べてみると、
うわぁ〜〜〜なんだこれは!
柔らかい。ジューシー。
あっという間に、口の中から消えてしまいました。
まるでカルビのような美味しさでも、そこまでしつこくない。

そして父が「うまいだろう!ほれ、ロース食べてみろぃ」といって、
ロースを恵んでくれました。

う、うまい。あっさりしていて、食べやすい。

今まで、カルビしか知らなかった私が、初めてハラミとロースに出会ったのでした。

ハラミとロースの評価がグッと上がったのです。
それから、スーパーに行くと、お肉屋さんにでは、まず「ハラミとロース」をチェックするようになったのです。
妻に「今日は焼肉にしよう」という回数が増えました。
1週間で3回焼肉をしたこともあります。
その時のメニューはもちろん、ハラミとロースです。

カルビ?うん、また今度。
完全にカルビは、私の選択肢から消えたのでした。
もしあのとき、父親と焼肉屋さんに行かなかったら・・・
もしあのとき、父親がハラミとロースを私にくれなかったら・・・

きっと今頃は、ハラミとロースに魅力に気がつかない人生を送っていたでしょう。
もしあのとき・・・と偶然が起きたことで、その後の人生が変わることはよくあります。

それは、障害年金も同じです。
もしあのとき、障害年金という言葉をケースワーカーさんから聞かなかったら
もしあのとき、ネットでうつ病について調べなかったら
もしあのとき、病院の待合室で障害年金という言葉を目にしなかったら

などなど、さまざまな偶然が重なって、あなたは今こうして、障害年金を知ることができています。

そして、今、あなたは、私たち全国障害年金パートナーズを知ってくださっています。
もしあのとき、全国障害年金パートナーズに出会わなかったら・・・
と思ってもらえますように、障害年金をあなたに届けられるようにしっかりとサポートをします。

障害年金を失敗したくないのでしたら、ぜひ私たちにお任せください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:ロースはレモンで食べるとさっぱりして、おいしい。あ〜よだれが出てきた。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!