うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

思ったのと違いました


From:山崎純平
草加のカフェより、、

初めてゴルフをやってみました。

先日、妻とゴルフ体験をしてきました。
ゴルフといっても、室内でやるゴルフです。

ゴルフ初体験でした。
イメージはできていたのです。
ニュースでたびたび、ゴルフのショットシーンをやっていましたので、
今日まで、イメージトレーニングは重ねてきました。

スカッと打つ自分を想像していました。

ですが、実際にやってみたところ、現実は甘くありませんでした。

まず、クラブの多さに驚きました。
10本以上クラブがあるのです。何を選んだら良いのかわからず、とりあえず、一番でかいやつを選びました。

妻にも「デカイほうが当たるぞ」と言って、妻におすすめしました。
妻とこうしてスポーツをするのは初めてなので、「自分がスポーツできる男」をアピールするために、カッコつけて言いました。

見よう見まねで、ボールをセットして、いざフルスイング!

 

ボールが大きく飛んでいるイメージで打ったはずですが、ボールは元の位置を保っています。
そう、空振りです。
もう一度振りかぶって、スイングしたのですが、空振り。
おかしぃ。

やっとのことで、打ったのですが、ボテボテのゴロです。

妻はというと、同じく空振り&ゴロ玉でした。

想像したの違う。
全然面白くない。

それから、30分間ひたすら打ったのですが、これといって、いい当たりもありませんでした。
結局、そのまま終了。

初めてのゴルフは苦い思い出になりました。
誰か指導をしてくれる人がいたら、きっと違ったと思います。
完全に自己流でやっていましたので、クリーンヒットも生まれず、妻にもいい格好ができず、散々でした。
自分のイメージでやっていましたが、まったくイメージと違います。
ここまでとは思わなかったのです。
下手すぎです。

障害年金も同じかもしれません。
自己流で障害年金の申請はできますが、あくまで申請ができるというレベルです。
審査に通るレベルはさらに高く、一生懸命に申請をしたけれど、残念な結果になってしまう人がとても多いです。

年金事務所は、審査に通るためのアドバイスはしてくれません。
ただ、申請を受理するためのアドバイスはしてくれます。

当然といえば当然です。
年金事務所は公正中立です。というか、審査に通るためのノウハウを知りません。
なぜなら、審査をするのは、年金事務所の窓口の人ではないからです。
別の機関が審査をします。

障害年金の申請は、人生で何度も申請をするものではありません。
ほとんどの人が、人生で1回申請をするケースが圧倒的です。
絶対に失敗できない障害年金の申請を私たちに任せてみませんか?

私たちは、うつ病等の精神の障害年金の申請のスペシャリストです。
当然、審査に通るためのノウハウを熟知しています。

もし、障害年金を失敗したくないと考えるのでしたら、ぜひご相談ください。
あなたに合ったベストな方法をお伝えします。

思っていたのと違うと後悔をする前に・・・

まだ申請をしていないのでしたら、間に合います。

あなたからのご連絡をお待ちしています。

 

PS:そのあとバッティングセンターに行ったのですが、これまた三振の山を築き、妻に良い格好できませんでした涙

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!