うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病って風邪ですか?


From:山崎純平
草加のカフェより、、

うつ病は、心の風邪という表現を聞いたことはありますか?
あなたはこの表現をどう感じますか?

うつ病は、本来元気である心が、何かしらの病気によって、元気がなくなってしまう病気です。
その意味では、風邪という表現は当たっているかもしれません。

一方で、風邪と違い、うつ病はとても気が付きにくい病気だと思うのです。
風邪なら、なんか喉が痛いな、咳が出るな、熱出るな、とわかりやすい症状だと思います。

しかし、うつ病は、長い年月をかけて、ジワジワと症状が出てきます。
多くの人は、気のせいだと考えて、その症状を何とかしようと思いません。
他の人も同じような症状あるし、1日経てば治るから・・・と考えるためです。
それは正しいです。
いちいち、心配をしていたら、それこそ体調を崩してしまいますから。

うつ病は、知らない間に思考力も奪います。
正しい判断ができなくなるのです。

他の人から見たら、「いつもと違う」とすぐにわかるのですが、
本人は、なかなか気がつけません。

最近、ネガティヴな発言が増えたと周りから言われるが、本人は「そう?」と気がつけません。
そこが一番、うつ病の怖いところだと思うのです。

うつ病の症状は、ジワジワと心を攻撃してきます。
症状が軽いときに治療を受けられれば、症状は緩和していきます。
しかし、症状が重症化したときに、治療を受けても、症状が緩和するまで時間がかかってしまいます。

早期発見ができない理由は、うつ病のせいで判断力を奪われていることです。
症状が出ていること自体に、気がつけなくなっていることです。
それに併せて、周囲の理解がないということです。

周囲も「本人が怠けているからだ。」と考えて、病気が原因という考えに至りません。
また、うつ病の理解もまだまだ足りていませんので、「心の不調があったら、病院へ行く」という発想になかなかなりません。
そのため、周囲も「病院に行ったら?」と勧めることが少ないです。

心のSOSに気がついて、早く休む。
これがうつ病の予防で重要なことだと思います。
心のSOSは、気が付きにくいですが、発せられています。
なんか、だるいな。やる気出ないな。食欲ないな。眠れないな。
そのSOSに気がつくためには、自分だけでは限界があります。

やはり周囲の気づきも欠かせません。
そのためには、うつ病という病気の教育をしっかりと国がやるべきだと思うのです。

風邪で病院に行くのが当たり前のように、心の不調があったら、躊躇することなく心療内科等に行けるような環境があったら、うつ病で苦しむ方が少なくなると思うのです。

また、周囲が「いつもと違う」と気がつくことも大切です。
それにより、本人が気がつけなくても、周囲が気がつくことができます。

そのようなことをもっと国が積極的に教育してほしいと思うのです。

といっても国任せにしていては時間がかかりますので、自分の身は自分で守るしかないです。

あなたはうつ病で苦しんでいると思います。
あなたが元気になって、ぜひ社会に「うつ病の正しい理解」を伝えてほしいと思います。
それにより、うつ病で苦しむ方を減らすことができます。
あなたの力がこの社会には必要だと思うのです。

そのためには、まずはあなたが元気になってもらうことが何より一番です。
いま経済的な不安を抱えていると思います。
それを私たちは障害年金という形で、経済的な不安を解消したいと思います。
もし、障害年金を受けて、経済的な不安を解消したいということでしたら、ぜひご相談ください。
うつ病という病気はまだまだ誤解されやすい病気です。

社会が正しい理解をしてもらうためには、あなたの力が必要です。
ぜひ、力を貸してください。
私たちは、障害年金の側面から、あなたをしっかりとサポートをします。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!