うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

もし、障害年金の神様がいたら


From:山崎純平
草加のカフェより、、

障害年金の神様がいたとします。
障害年金を受給するために、その神様に1つだけ条件を叶えてくれるとします。

あなたならどんな条件を叶えてもらいますか?

 

私は色々と考えてみました・・・
・自分の症状を重くしてほしい
・審査官に響く、申立書を作ってほしい
・審査官を買収してほしい
などなど

ちなみに、私の願いはすぐに却下だということに気がつきました。

・自分の症状を重くしてほしい
→今より苦しい思いをするのは嫌です

・審査官に響く、申立書を作ってほしい
→いくらよい申立書があっても、診断書が不十分なら審査に不利です

・審査官を買収してほしい
→不正受給になります

ふと思いました。

障害年金の審査基準をちゃんとわかっていて、かつ、患者さんの症状をしっかりと把握している主治医がほしい。

もしこんな主治医がいたら、高い確率で障害年金を受給できると思うのです。

よく聞く話ですが、主治医の診察時間が5分足らずと短い。
いつも「最近どうですか?」「眠れていますか?」といった質問しかされない。
そうすると、自分の症状を伝えきれないということあると思います。

中には、親身に聞いてくれる先生もいらっしゃると思います。
その先生だったら、障害年金が受給できるのか?と思いきや、
必ずしもそうではないのです。

診察の質問と、障害年金の診断書に必要な項目に違いがあるためなのです。
障害年金の診断書では、「役所の手続きはできているか?」といったような項目があります。

主治医から「役所の手続きできていますか?」なんと質問されること、あまりないと思うのです。
すると、主治医は質問していない項目は、想像してしまいます。
すると、実際のあなたの症状を表していない診断書が出来上がることがあるのです。
すると、障害年金を受給できる可能性が下がってしまいます。

医師はあなたの症状を治療することを目的としていますので、それにあまり関係のない質問はしません。
診察時間も限られていますので、治療につながる質問を優先的にします。

そのため、障害年金の診断書に必要な項目をしっかりとヒアリングしてもらう必要があります。

だから、障害年金の審査基準をちゃんとわかっていて、かつ、患者さんの症状をしっかりと把握している主治医だったら、障害年金を受給できる可能性が飛躍的に上がると思うのです。

でも、そんな先生はあまりいません。
しっかりと話を聞いてくれる先生もあまり多くいない中、障害年金の審査基準に沿って聞いてくれる先生はごくごく少数です。
これは、仕方ないことです。
なぜなら、医師はあなたの症状を治療することを目的としているからです。
また、多くの人の治療をしなければいけないためです。

では、諦めなければいけないのでしょうか?
いいえ。
主治医にあなたの症状を適切に伝えることができれば、いいのです。

そこで、私たちは主治医が障害年金の診断書を作成するための資料というものを作っています。
その資料は、
障害年金の診断書に必要な項目に沿って、あなたの症状をヒアリングして、
まとめた資料のことです。

その資料を主治医に渡すことで、主治医はそれを参考にしてくれますので、より適切な診断書につながってきます。
その結果、障害年金を受給できる可能性があがるのです。

もし、今より飛躍的に障害年金の受給できる可能性を上げたい場合、ぜひ、ご相談ください。
あなたの力になります。
ご連絡お待ちしています。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!