うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害者手帳を持っていなくても、あきらめないでください | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

障害者手帳がないと、障害年金が受給できない!?

そんなこと聞いたことありませんか?
それは嘘です。

あるインターネットで、

「障害者手帳がないと、障害年金を受給できません。
また、障害者手帳の等級と障害年金の等級は一致します。
障害者手帳が3級なら、障害年金も3級です。
障害者手帳が1級なら、障害年金も1級です。」

と書かれている記事がありました。

これは嘘です。
騙されてはいけません。

というのも、障害者手帳と障害年金は全く別の制度だからです。
また、障害者手帳を審査しているのは市役所です。
障害年金を審査している年金事務所です。
そう、審査している部署が全然違うのです。

そのため、障害者手帳を持っていなくても、障害年金を受給できますので、
ご安心ください。

また、障害者手帳が3級であっても、障害年金2級を受給している人もたくさんいますので、
ご安心ください。

逆にいうと、障害者手帳が2級だから障害年金も2級だと思っていたら、とても危険です。
あなたは間違ったネットの情報に踊らされていますので、ぜひ、その誤った情報をすぐに忘れてください。

実はこのような誤った情報は氷山の一角です。
まだまだ誤った情報が氾濫しています。
何が正しくて、何が間違っているかの判断がつきにくいほど、情報が氾濫しています。

例えば、うつ病で障害年金がもらえない・・・といったことを聞いたとこありませんか?
うつ病でも障害年金を受給できるのですが、なぜかうつ病ではもらえないと間違った情報が広がってしまいました。

その理由としては、うつ病は身体障害に比べて、「わかりにくい」ということがあると思います。
うつ病の人は、他の人から見ると、とても元気そうに見えることがあります。
でも実際は、かなり症状が悪いにも関わらずです。

しかし、うつ病は正しい知識を使って、正しい方法で申請をすれば、十分障害年金の対象になります。

ネットで「うつ病 障害年金」と検索をすると、ありとあらゆる情報がヒットします。
もうあまりの情報の多さに、嫌になってしまうこともあるでしょう。
どうぞ、そんなときは私たちを頼ってください。

あなたがスマホの前で、あれこれと何時間も悩んでいたことを、10分程度ですぐに解消できます。
ぜひ、あなたが間違った情報に惑わされたくないようにするために、私たちが力になります。
ご連絡お待ちしています。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!