うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

なんでこの商品売れないんだろう?


From:山崎純平
草加のカフェより、、

こんなにいい商品なのに、なんで売れないんだろうか?っていう商品ありませんか?
ついついリピート買いしてしまうけれど、あまり売れていない商品ってありますよね。

スーパーで特売で売っていたレモネードのジュースがありました。
メーカーは聞いたことのないメーカーです。
サントリーとか大手ではないためか、500mlで35円で売っていました笑

賞味期限が間近ということで、大量に売っていて、段ボールが10段以上積み重なっています。

ちなみに、定価は130円だそうです。
それが35円って、やばい。
めっちゃ安いということで、とりあえず1本買ってみました。

家に帰って飲んでみると
悪くない、いや美味しい!

レモネードはあまり飲まないのですが、このレモネード美味しいんです。
後味がすっきりしていて、レモンの爽やかさが十分に伝わってきます。
ほどよい酸味もあり、のど越し最高です。
大手さんのレモネードと味は全く変わりません。
むしろ、大手さんより美味しい。

それから、スーパーに戻って、箱買いしました笑

こんなに美味しいのに何で売れないんだろうか?

おそらく、その魅力に気がついていないだけではないかと思うのです。
いくら美味しい飲み物でも、買ってもらう前に、
お客さんに「めちゃくちゃ美味しいよ」という魅力を伝えないといけません。

買う前に魅力を伝えないと、買ってもらえません。
当然といえば当然です。
買ってから魅力を伝えるのでは遅いわけです。

いくらいい商品であっても、魅力が伝わらなければ、市場から消え去ります。
だから、広告、CMがあるのですね。
いかに魅力を伝えるか?いかにお客さんから自分の商品を選んでもらうか?
その戦いが、日々繰り広げられているのです。
そんな視点で、買い物をすると楽しいですね。

さて、魅力を「伝える」。そしてそれが「伝わる」。

この「伝える」「伝わる」というキーワードは
障害年金においても、とっても重要なキーワードです。

障害年金では、主治医の書く診断書がとても重要です。
障害年金の書類の中で、一番重要な書類です。
その書類の出来上がり次第で、結果が大きく左右されると言っても過言ではありません。

主治医にあなたの症状を「伝える」ことはできていますか?
また、主治医にあなたの症状は「伝わって」いますか?

・診察時間が短い。
・主治医に何を伝えたらいいかわからない?
・とりあえず、「大丈夫です」と言ってしまう。
・頭が回らず、何を伝えたか覚えていない。

そんなことありませんか?
その場合、もしかしたら、主治医はあなたの症状を適切に把握していない可能性があります。
そんな状況で、主治医が書いた診断書は、本来のあなたの症状を適切に表していない可能性があります。
すると、障害年金の受給できる可能性が下がってしまいます。

安心してください。
私たちは、あなたの症状をヒアリングして、その症状をまとめた資料を作っています。
主治医にその資料を渡してもらうことで、主治医はその資料を参考にして、診断書を作ってくれます。
だから、あなたの症状を適切に表した診断書が出来上がる可能性が高いのです。
その結果、今より、あなたが障害年金を受給できる可能性が飛躍的に上がります。

もし自分の症状を先生に伝えきれていないと感じたら、ぜひご相談ください。
私たちが、あなたの症状を主治医に、適切に伝えるサポートをします。

ご連絡お待ちしています。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!