うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

手を抜いてみませんか? | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

・手を抜いていんだよ。
・もっと気軽にやればいいだんよ。
・肩に力が入りすぎだよ。

この言葉は、私は新入社員時代に、上司から言われた言葉でした。
社会人1年目で、かなり緊張をしていたのだと思います。

私の心の中には、
・失敗できない。
・うまくやらなきゃいけない。
・怒られたくない。
というプレッシャーを自分自身にかけ続けていました。

上司からよく思われたいという思いがあったのでしょう。
その結果、ガチガチの状態で仕事をしているものですから、自分の能力をうまく発揮できません。
ミスもけっこうありました。
上司から「これを入力しておいて」と言われましたが、時間はかかるわ、ミスはあるわで、
散々でした。
それでより、自分にプレッシャーをかけ続けて、社会人1日目が終わったら、どっと疲れました。
これじゃ、続かん・・・

翌日、上司から
君は、力が入りすぎている。もっと、気楽にやってごらん。いいんだよ、間違えたって。
たくさん間違えて、成長しなさい。
と言ってくれました。

その日から、ある意味手を抜きながら仕事をするようになりました。
手を抜くなんて、後ろめたいなと思いながらも、仕事をしていると、逆にミスが減りました。
これでいいんだ。
手を抜いてもいいんだ。
逆に力を抜くことで、本来の能力が発揮できます。
しかも、気持ち的にかなり楽でした。

 

障害年金を私たちにご依頼してくださった方の中には、自分も何かしなきゃ・・・
と一生懸命に動き回ってくださる方がいます。

でも、どうぞ自宅でゆっくり休んでください。
そのために、私たちがいます。

何かやらなきゃ・・・という焦りもあるかと思いますが、
あなたは、自宅で療養してもらって、体と心を休めてください。

私たちが、あなたに代わって、年金事務所との対応もしますし、難解に診断書も読み解きます。
そして、申立書といった書類もしっかりと書き込んでいきます。

あなたは、手を抜いてください。

ゆっくり休んでください。
その代わり、私たちが、全力で障害年金のサポートしますので、ご安心ください。
(当然、障害年金という結果に関わる部分は、一切の妥協をしません。)

もし、自宅でゆっくり療養しながら、障害年金の申請をしたい。

何より、障害年金を受給できる可能性を飛躍的に上げたいということでしたら、ぜひご遠慮なくご相談ください。
あなたの力になります。
ご連絡お待ちしています。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!