うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うちは、手を抜く会社です | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

このメルマガを読んで、人によっては気分を害されるかもしれませんので、
事前にお伝えさせていただきます。

障害年金の申請を考える際に、あなたは一番何を重視しますか?

きっと、障害年金の受給という結果を望んでいると思います。
それは私たちも同じです。
障害年金という結果をどこよりも、考え、考え、考えています。

その結果、障害年金の結果に影響しないと思われる部分は、
”あえて”手を抜きます。

例えば、送付状。
ビジネスマナー的に、相手に書類を送るときは、送付状をつけます。

●様
拝啓・・・・

ですが、うちの会社は、送付状は付けていません。
なぜか?
障害年金という結果に全く影響がしないからです。
送付状を作成する時間があるのなら、障害年金の申立書の作成に時間をかけたいと思います。
障害年金の申立書は、障害年金の診断書に次にとても重要な書類です。

あなたは、1時間という時間があった場合、
送付状に20分、申立書に40分かけるのと、
送付状に0分、申立書に60分かけるのは、
どっちがいいですか?

また、契約書もうちの会社はとてもシンプルです。
サービスの内容、費用といった最低限の項目しか記載をしていません。

通常なら、
不可抗力免責などといった、私たち会社が有利な条項を記載するでしょう。
その結果、膨大な、しかも難解な契約書が出来上がります。
携帯電話の契約書をイメージしてみてください。

でも、依頼者が理解できない契約書を結んでも、意味ないと感じます。
そのため、依頼者が理解できる契約書が重要だと思うのです。

さらに、障害年金という結果に関わらない契約書の作成に時間をかけるのは、

依頼者にとってなんのメリットもありません。

だから、うちの契約書はとてもシンプルなのです。

でも、契約書がシンプルだと争いになったらどうするのか?と疑問を持たれているかもしれません。

私たちは、事前に争いになりそうな人とは契約を結びません。
争いになりそうな人とは、こんな人です。

①態度の悪い人
②値引き交渉してくる人
③他人の悪口ばかりをいう人

そういう人とは、距離を取ります。
関わると、こちらのメンタルがやられますから。

そんな人と関わると多くの時間を浪費してしまい、

本当にうつ病で苦しんでいる方の時間に回せなくなってしまいます。

それは絶対に避けたいです。

もしあなたも

①〜③の人と距離を取りたい。
障害年金の結果を重視したい。
障害年金の結果に関わらないところは、手を抜いて構わない。
という考えでしたら、私たちと相性がいいです。

ぜひ、一度ご相談ください。

障害年金という結果にこだわっているのでしたら、
あなたの力になります。

ご連絡お待ちしています。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!