うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金受給のその先へ | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

ビジネス書によく書かれていることが
「ゴール・目的を忘れるな!」と書かれています。

あなたも聞いたことありませんか?

色々なビジネス書を読んだのですが、「ゴール・目的」のことは必ず書かれています。

ということは、多くのビジネスマンは「ゴール・目的」を忘れてしまうということでしょう。

ゴール・目的を定めずに、進んだら、当然、ゴール・目的にはたどり着けません。
山の頂上を目指そうと思うから、山の頂上に向かって歩み、頂上に辿り着くのです。

頂上を目指そうと思わなかったり、頂上を忘れてしまうと、
当然、頂上には辿り着けません。

頂上は目に見えるので、忘れることはないと思うのですが、
仕事上での「ゴール・目的」は目に見えません。
すると、当然忘れます。

ゴール・目的を忘れて状態で仕事をすると、間違った方向に行ったり、非効率であったり、
無駄に時間や費用がかかってしまいます。
最悪、ゴール・目的にたどり着けない・・・といったこともあるでしょう。

だから、目に見えない「ゴール・目的」を常に意識して、仕事をすることが大切です。
忘れても、また思い出して、ゴール・目的に進む。
その繰り返しが大切なようです。

仕事のできる人は、必ずゴール・目的を常に意識しています。
アスリートも同じかもしれません。

それは、障害年金を受給するうえでも、同じです。
障害年金を受給するというゴールを設定することももちろん大切です。
さらに、障害年金を受給して、その後どうなりたいか?を考えてみてはどうでしょうか?

障害年金の受給というのは、あくまで手段です。
障害年金という経済的な安心を手に入れて、どんなことを望むのか?
例えば、
また社会復帰したい。
うつ病を治したい。
この病気の経験を活かして、他の人の力になりたい。
などなど、あなただけのゴールがあると思うのです。

そのゴールのために、障害年金の受給してみませんか?

障害年金を足がかりとして、そのさらに先にゴールを目指したいということでしたら、ぜひ私たちがサポートをします。

ぜひ、ご相談ください。
ご連絡お待ちしています。

PS:今は、障害の受給の先を考えられない・・・ということもあるでしょう。
その場合、障害年金を受給してから考えてみることもいいと思います。
そのためには、まずは障害年金の受給を目指しましょう。
その場合も、私たちが全力でサポートをします。
ご連絡お待ちしています。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!