うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

優しい言葉って、心を癒します | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

全国障害年金パートナーズで1番のやりがいは何ですか?と
もし、テレビでインタビューされたら何て答えよう?と妄想することがあります。

私は、障害年金が決まりました!という嬉しいご報告を聞くことです。
やはりその時の感動が、一番好きです。

障害年金の申請は、かなり難しいです。
私の力だけでは、どうしようもできません。
障害年金を申請をする前、いろいろな課題や問題が出てきます。

その課題が出てきた時に、私一人では超えることができません。
その時には、ご依頼してくださった方の障害年金を受給したいという気持ちが必要不可欠です。
ご本人が、「もう無理だ」と諦めてしまったら、
私たちはそれ以上は前に進むことができません。

障害年金を受給するということは、ご本人の努力が必要なのです。
障害年金が受給できたということは、
ご本人がそれだけ努力をしたという証だと思うのです。
諦めずに、最後まで私たちを信じてついてきてくださったおかげだと
本当に思います。

それが何よりも嬉しいです。
障害年金が決まった時のご本人のお声を聞くだけで、
本当にうれしくて、これ以上の感動はないと思います。

ご依頼くださった方からの声を、アンケート形式で書いて頂いています。

その文面を見ると、とても優しい言葉で溢れていて、読んでいる私もとても力を頂きます。
この障害年金を受給のサポートの仕事の大きさ、偉大さを感じます。

この仕事は、社会で役に立っている仕事なんだ!

世の中、誹謗中傷など、気分を害する言葉もあります。
それを見ると、心が痛みます。
でも、逆に、温かい優しい言葉に触れると、それだけで気持ちが軽くなります。

言葉の力ってすごいです。
だから、私も多くの人に、優しい言葉をかけていきたいと思うのです。

まずは、妻に優しい言葉をかけたいです。
妻を幸せにできなくて、どうしてうつ病で苦しんでいる方のサポートができるでしょうか?

改めて、決意をしました。
引き続き、全国障害年金パートナーズを応援ください。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!