うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

水が出ないぃぃぃ | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

土曜日の夕方、蛇口をひねると、出るはずの水が出ません。
他の蛇口をひねっても出ません。

これから、シャワーを浴びようと思ったのに・・・
汗だくで、体がベトベトしています。

急いでネットで、「水 出ない 原因」と調べると、色々と出てきます。
でもよくわかりません。

水道局に電話をしたほうがいいのかな?
でも、土曜日だから、休みだよな。

というか、トイレも流せない。
どうしよう。

ネットで、「草加市 断水」と調べるも、何も情報が出てきません。
計画的な断水なら、事前に連絡があるよな。

周りに頼れる人もいませんから、正しい情報がありません。
うちだけ水道が出ないのか?
それとも、地域での断水か?
放送も流れません。

迷っていても仕方ないので、とりあえず、近くにセイムスに水を買いに行きました。

すると、水を箱買いしている人が何人もいます。
この事実を目の当たりにして確認しました。

断水だ!

あと5箱しか水が残っていませんでしたが、なんとか1箱をゲットしました。

おばちゃんたちが話している声が聞こえました。

「断水だよ。なんか噂によると、明日まで断水続くらしいわよ。」

「うそ〜今夕方の6時だから、10時間くらいは水が出なさそうね。
お風呂の水を溜めておいてよかったわ。」

まじか〜断水は明日まで続くのか。
とりあえず、この水でなんとかやっていけるな。

この断水の情報を知っている人は、すぐに水を買いに行って水を確保できていましたが、
この情報を知らない人は、水を買いに行けません。
水を買いに行ったときには、自宅近くのセイムスには水はもうありません。
ちょっと、遠くまで水を買いに行かないといけないのです。

自宅にいて、蛇口をひねる・・・という行為をしないと断水しているとわからないのです。
自宅にいなければ、断水のことがわかりません。
自宅にいても、蛇口をひねらなければ、断水のことをわかりません。

自分の置かれている状況を把握し、正しい情報を入手しないと、適切な行動ができないのです。

これは障害年金にも大いに当てはまります。

断水は、1、2日で終わります。
しかし、うつ病によって、働くことができず、経済的な不安は、
障害年金という情報を知らない限り、うつ病が治るまで永遠と続きます。

障害年金ということを知っても、行動に移せなかったら、それは障害年金を知らないことと同じで、経済的な不安は続いてしまいます。

でも、あなたがなかなか、行動に移せないのは、あなたのせいではありません。
うつ病によって、意欲・集中力が奪われている状態では、行動をするのは難しいです。

そこで、私たちがいます。
難しい障害年金の手続きは私たちがしますので、ぜひご遠慮なくご相談ください。
ご連絡お待ちしています。

PS:断水は、深夜には解消されました。
改めて、水のありがたさを実感しました。
蛇口をひねって水が出るのに、感動しました。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!