うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

子どもたちから、めっちゃ褒められました | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

年金事務所に行かなきゃ!
時間がない!間に合うかな?

自転車をかっ飛ばして、年金事務所に向かっていました。
もっと、早く家を出ていればよかった。
後悔してもしきれません。
焦りが自分の心を完全に覆っています。

 

公園の近くを通り過ぎたときに、サッカーボールが公園のフェンスを超えて、
こちらが側にものすごいスピードでやってきます。

 

とっさに、自転車を止めて、気がついたら、そのサッカーボールをキャッチしていました。
しかも片手で。

もし私がそのサッカーボールをキャッチしなかったら、民家にサッカーボールがぶつかっていたでしょう。

本当に無意識に体が動きました。
いや〜自分でもびっくりするくらいの反射神経ですね。

キャッチしたサッカーボールを公園にいた子どもたちに向かって、投げ返しました。

すると、公園にいた10人くらいの子どもたち(小学校6年生くらい)が、
「かっけぇ」
「ありがとうございます」
「すげぇ」
と拍手喝采でした。

 

私もなぜか?左手を振ってしまい、その場を後にしました。
まるで子どもたちのヒーローになったかのような気分です。

子どもたちは、私の姿が見えなくなるまで、
「ありがとうございました」と言ってくれるのです。

ただサッカーボールをキャッチしただけなのですが、こんなにVIP待遇をしてくれて、なんか「俺ってすごいのかも」って、思っちゃいました。

 

さっきまで、必死こいて自転車を漕いでいたのですが、そんなのどっかいっちゃいました。

芸能人になったような優越感に浸りながら、自転車を漕いで、年金事務所に向かったのです。
俺ってすごいのかもって何度、心で思ったことか笑
きっと、学校では、私の話で持ちきりでしょう。
めっちゃかっこいい人がいたんだよ〜とか話で盛り上がっているのかな?と
勝手に妄想していました。

 

ネガティブな感情をすっかりと吹き飛んで、ポジティブな感情に包まれたのです。
そういうことってあるんですね。
ネガティブな感情が自分の心を支配していると、それが全てだと思ってしまいます。
そのネガティヴな感情は、どうしようもできないものだと諦めてしまいます。

でも、実際はどうにでもなるものです。
人によって、そのやり方は異なります。

運動してリフレッシュする人
ポジティブシンキングをする人
人に相談する人
などなど。
どれも効果があります。

もし、もしネガティヴな感情を起こしている原因の一つが、お金の悩みなら、
そのお金の悩みを解消するのが一番効果があります。

そこで、障害年金を受け取ってみませんか?
障害年金を受け取れれれば、あなたは経済的な安心を手に入れることができますので、
お金の悩みから解放されます。
あなたを苦しめているネガティヴな感情は、どっかに吹き飛んでいきます。

もし1人で手続きすることが難しい場合、私たちが力になります。
ぜひご相談ください。

ご連絡お待ちしています。

PS:年金事務所にギリギリ間に合いました。次回から、もっと早く家を出ます。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!