うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

こんな本を読んだことありませんか? | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

こんな本を読んだことありませんか?
それが、
「うつ消しご飯」
というものです。

 

これは、精神科医である先生が、栄養療法を取り入れて、うつ病の症状を和らげる食事法について、紹介しています。

本書によると、こんな記述がありました。

寛解の状態は、病気の症状は治り、おだやかな状態ではあるのですが、
精神科治療では、適度に薬を使いながら、寛解という状態を維持していくというになります。

著者は、一般的な精神科治療に疑問を感じていました。
そこで、寛解を目指すのではなく、完治を目指そうと考え、栄養学を学びます。

そして、うつ病の症状を和らげる方法をついに発見したのです。

 

本書のメッセージは、
タンパク質と鉄をたっぷりと摂ることで、心と体が軽くなる!
というものです。

タンパク質は、神経伝達物質の原料になっています。
気分に大きな影響を及ぼすセロトニン、ドーパミンは、タンパク質がないと作られません。

また、うつ病の症状の原因に、鉄不足があると、著者はいいます。

詳しくは、ぜひ本書をお読みください。
私も何度も読み返したいと思います。

 

さて、この本を読んで、なんでそんな大切なことを、知らなかったんだろう!と、

ちょっと焦りました。
うつ病の症状に、タンパク質と鉄が重要なら、学校でぜひ教えてもらいたいと思います。
また、ニュースでもぜひ取り上げて欲しいなと思うのです。

私は、本当に偶然、本屋さんで目に留まって買いました。
もし、本屋さんに行かなかったら、目に留まらなかったら、きっと今も知りません。

障害年金も同じで、ほとんどの人が、偶然に障害年金を知ります。
障害年金を知るケースは、
病院で教えてもらったり、役所で教えてもらったり、友人から教えてもらうと思います。
でも、それはかなり少数だと思います。

実際は、ネットでたまたま知った!っていう方が多いと思います。

でもまだ知っている人はラッキーなのかもしれません。
というのが、障害年金を知らずに、ずっと過ごしている人が圧倒的だと思うからです。

障害年金を知ったとしても、その後の手続きの難しさから諦めてしまう人も多いです。

だから、障害年金を実際に受け取っている人は、ほんの一握りの人です。
ほとんどの人は、障害年金を受け取れず、お金の不安で今もこうして苦しんでいるのです。

 

私たちは、多くの人に障害年金を知ってもらえるように、ネットやYouTubeで広報活動をしています。
それでもまだまだ、障害年金の認知は低いのが現状です。
まだまだ時間はかかりますが、地道にコツコツと頑張っていきますので、応援どうぞよろしくお願いします。

障害年金という言葉を知ったけれど、その先に進めないのなら、ぜひご相談ください。

あなたが障害年金を受け取れるように、全力でサポートをします!

障害年金という言葉が当たり前になるように、精進していきます!




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!