うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

月に一度の競合調査をしたら、また障害年金社労士が増えていました!

From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
当社は、障害年金のサービス向上を目的として
月に一度は同じ障害年金専門の社会保険労務士事務所の調査をします。
前々から思っていたのですが、
今月も新しい障害年金専門の社労士事務所がオープンしていました。
これは普通に考えて良いことです。
障害をもった人にとっては障害年金を依頼する選択肢が増え、
社労士事務所側も競合と切磋琢磨することで
サービスを向上していけるからです。
しかし、同時に不安もあります。
実務経験の乏しい社会保険労務士が
障害年金専門を名乗っているケースが多いからです。
障害年金専門と言っておきながら、
別にホームページを用意してそこでは就業規則作成や給与計算などの
業務を請け負っているという社会保険労務士が多くいます。
その社会保険労務士のFacebookやツイッター、ブログなどを見れば、
障害年金専門でないということが分かったりします。
それに、一部のコンサルティング会社が
障害年金は儲かりますと社会保険労務士に営業をかけています。
このコンサルティング会社は、
高額のセミナーや営業ツール、ホームページ作成などを
請け負って儲けています。
そして、そのコンサルティング会社と契約した社労士が
近年障害年金専門として業務を開始しているのです。
つまり、本当に障害年金に熟知した社会保険労務士が増えたわけではなく、
障害年金専門を名乗る社労士が増えただけともいえます。
この状況は、必ずしも良いこととはいえません。
せっかく障害年金専門の社会保険労務士に仕事を依頼したのに、
実は障害年金の経験が乏しい社労士だったということが起こりえるのです。
能力や経験値が低い社労士と知っていて依頼したのであれば問題ありません。
そのような社労士事務所は料金も安いので、
その金額に見合ったサービスと依頼する側も納得できると思います。
しかし、経験豊富な本当の専門家に依頼したいという人は
社労士選びは慎重に行って下さい。
以前、障害年金専門の社会保険労務士事務所の選び方について
記事を書きましたので、こちらを参考にしてください。
きっと、あなたに合った社会保険労務士が見つけられると思います。
<参照>
あなたに最適な障害年金社労士を見つける3つのポイント
本物の障害年金専門の社会保険労務士を探す方法
ちなみに、私たち全国障害年金パートナーズはうつ病に特化した
障害年金専門の社会保険労務士事務所です。
躁うつ病や統合失調症といった気分障害に分類される精神疾患でしたら
うつ病と同じ判断基準で障害年金が支給されるため問題ありませんが、
身体障害などは専門外です。
身体障害の人に対しては、
私たちでは満足いただけるだけのサービスを提供できません。
その代わり、うつ病に関してはどこよりも高いレベルであると
自負しています。
障害年金の中でも最も難しいといわれるのが鬱病です。
難解であるが故に費用もかかりますが、
それでも良いという人にとっては
全国障害年金パートナーズは最適な選択肢となるはずです。
これからも増えるであろう障害年金社労士の中で、
あなたにとって最適な社労士事務所を見つけて下さい!



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける