うつ病による障害年金専門の社会保険労務士事務所

過去の思い出が未来を照らす


From:佐々木仁志
川越市内のスタバより、、

先日、『Dr.スランプ』の全巻をまとめて購入しました。

きっかけは、今年3月に作者の鳥山明さんが亡くなったことです。
鳥山明さんの漫画が大好きだった私は、大きなショックを受けました。

それで改めて彼の作品を読みたいと思い、『Dr.スランプ』を買いました。
今回は電子書籍版です。

子どもの頃、紙の本の『Dr.スランプ』を全巻持っていましたが、引っ越しの際に他の漫画と一緒に処分してしまいました。
全部で700冊くらいあったので、今でももったいなかったなぁと後悔しています。

久々に『Dr.スランプ』を読むと、「こんな話あったな」と懐かしく感じたり、昔は理解できなかったギャグが今ではわかったりして、とても楽しいです。

40年ほど前の漫画ですが、今でも十分に楽しめるのがすごいですね。
鳥山明さんの才能の偉大さを改めて感じます。

ところで、『Dr.スランプ』を買った理由はもう一つあります。
それは、最近読んだ本に「懐かしいものに触れると未来が明るくなる」と書いてあったからです。

その本によると、懐かしいものに触れるとストレスが減るんだそうです。
例えば、昔住んでいた町を歩く、昔食べたものを食べる、昔ハマったゲームをする、といったことです。
たしかに、懐かしいものに触れると安心感があって、思い出が自然と湧いてきて笑顔になれますよね。

さらに、ストレスが減ると将来についても考えやすくなるそうです。
「昔を思い出すこと」と「将来を考えること」が脳の同じ部分を使うからだそうです。
だから、将来をしっかり考えたいなら、まず昔を思い出して脳を活性化させるのが良いとその本に書いてありました。

このことが私の頭にあって、何か懐かしいものに触れたいと思っていたので、これも『Dr.スランプ』を買うきっかけとなりました。

この話を読んで、あなたの中にも何か懐かしいものが思い浮かんだかもしれません。

もしそれが漫画なら、古本で安く買えますし、場所ならグーグルマップのストリートビューを使って無料で見ることができます。
私もストリートビューで遠くに住む親戚の家を見て、子どもの頃にその家の前の公園で弟と一緒にバッタを捕まえたことを思い出しました。

今はインターネットでいろいろなものを無料や安価で手に入れられる時代です。
そうしたものを活用して、少しでもあなたのストレスが軽減されればと願っています。

また、私たち全国障害年金パートナーズは、あなたの将来に対するストレスを軽減するお手伝いもできます。
それが“障害年金の受給代行”です。

障害年金という経済的安心を受け取ることで、お金のことなど将来に対するストレスを軽減し、療養に専念することができます。

あなたとあなたの大切なご家族のために、ぜひ私たちの力を利用してください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。




【俳優】竹中直人さんと宮里が対談しました!


俳優の竹中直人さんが所長を務める経済番組に取材されました。

もしあなたが、障害年金を受け取ることを考えているなら、または、どの社労士に障害年金を依頼するか迷っているのなら、この動画はあなたのためのものです。

 

 

また、あなたのうつ病で障害年金が受け取れるか、無料で判定しています。

下のボタンをクリックして無料判定を受けてみてください。



障害年金無料判定を受ける