うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

双極性障害の治療薬ラミクタールで重篤な皮膚障害が出たという発表がありました!

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
平成27年2月4日、双極性障害やてんかんの治療薬として使われる
ラミクタールで重篤な皮膚障害があったとして、
安全性速報(ブルーレター)が公表されました。
【緊急安全性情報(イエローレター)・安全性速報(ブルーレター)について】
「緊急安全性情報」は、医薬品又は医療機器の製造販売業者が作成した
情報であり、緊急に安全対策上の措置をとる必要がある場合に発出されます。
「安全性速報」は、緊急安全性情報に準じ、一般的な使用上の注意の改訂情報
よりも迅速な安全対策措置をとる場合に発出されます。
20150204_5
今回の安全性速報(ブルーレター)を見ると、
2014年9月〜2014年12月の間にラミクタールとの因果関係が否定できない
重篤な皮膚障害が発現し、死亡に至った案件が4例報告されたというものです。
この4例はいづれも用法・用量を守られずに服用した結果おこったものです。
双極性障害やうつ病において薬の飲み忘れというのが
治療を長引かせる大きな要因の一つとなっていますが、
薬を飲み過ぎてしまうというのも大きな問題となっています。
薬は用法・用量を守って適切なタイミングで飲んでいるから薬となるのです。
飲み忘れてしまうと効果が小さくなりますし、
飲み過ぎると毒になってしまうことだってあるのです。
私たち全国障害年金パートナーズに障害年金を依頼するお客さんの中にも、
今回のラミクタールを処方されている人がいます。
薬の飲み過ぎには本当に注意してください!
飲み忘れや飲み過ぎることがあるのなら、
薬を1日分ごとに小分けにして管理しましょう。
自分自身で管理が難しいのであれば家族や医師に相談するようにしてください。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける