うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

Facebookが自殺予防サービスを開始すると発表!

37fdb0bf7c80f2a1b5b21939e443bfde_s
From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
2015年2月26日、アメリカのFacebookが自殺リスクが高いユーザーへの
自殺防止措置を強化すると発表しました。
具体的には、自殺や自傷行為をするおそれのあるユーザーのアカウントを
Facebook側へ報告すると、そのアカウントへ自殺防止ホットラインへの誘導や
カウンセラーの窓口紹介といったメールが届くサービスです。
これらのサービスは2011年末から存在していたのですが、
今回は新たに「必要であればサポートをしたい」、
「あなたの友人から、あなたが困っているという知らせを受けた」
といったメッセージがFacebookにログインしたときに表示されるそうです。
このサービスはまずアメリカで開始され、順次他の国へも広げていくようです。
このサービス、あなたはどう思いますか?
私個人は賛成です。
日本人はうつ病の人に対して「何もしない」率が高いというデータが
あるくらいですので、Facebookの友達の様子がおかしければ運営に報告し、
何かしらのメッセージを送ることができれば自殺を思いとどまらせることが
できるかもしれません。
<関連記事>
日本人の4割は、うつ病の同僚に対して「何もしない」ことが分かりました!
ただ、やっぱり心配なところもあります。
例えば、本当は自殺する気もないのに周りの注意を引くために
過激なことを言うカマッテチャン。
そんな人のためにFacebookがカウンセラー紹介のメッセージを送るのも
どうかと思います。
せっかく心配してくれてFacebookの運営に報告した友達にとっても失礼です。
また、自殺やうつ病などは非常にデリケートな問題なので、
運用を誤ると多方面から非難されることになるでしょう。
それでもFacebookの新たな取り組みを私は支持します。
色々な議論がありそうなサービスですが、
ぜひ日本へも導入してほしいものです。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける