うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「あなたはあなたのままで良い」グレアム・ムーア氏の短いスピーチに世界が注目!


mua
From:宮里竹識
下北沢の自宅より、、
2015年2月22日、カリフォルニア州ロサンゼルス市で
第87回アカデミー賞の授賞式がありました。
主要6部門のノミネート者が白人で占められていることに対して
批判の声があがるなど、ちょっとした騒ぎはありましたが
素晴らしい映画や出演者・監督などが勢揃いしました。
普通なら作品賞や監督賞が注目されるのですが、
私は脚色賞に注目しました。
脚色賞をとったのは『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
という映画のグレアム・ムーア氏。
このムーア氏は、10代ころから鬱病と闘っています。
彼が脚色賞を受賞したときのスピーチは1分にも満たないものでしたが、
とても印象的なものでした。
https://youtu.be/vGF8bzeRwcw

”皆さんありがとうございます!映画の主人公、アラン・チューリングは、このような舞台で表彰されることはありませんでした・・・。
でも、私は今ここに立っています。これは不公平ですよね。
今日はみなさんに、大切な短いメッセージを伝えたいと思います。
私は16歳の時、自殺未遂をしました。他の人と自分を比べた時に、いつも違っていると感じたし、自分の居場所なんてどこにもありませんでした。
でも私はこうやって、今このステージに立っています。
だからこの映画を、そういう子供たちに捧げたい。
自分は変わり者で居場所がないと感じている若者たちへ。
君たちには、居場所があります。そのままで良いんです。
ぼくがそうだったように、必ず輝ける時がきます。
そして、いつか君がこういったステージに立つ時がきたら、このメッセージを次の人たちにつなげて欲しいと思います。
そして、最後に、Stay Wired and Stay Different
(人と違ってたっていい。あなたはあなたのままでいい。)
受賞できたことに感謝します。本当にありがとうございます。”

このスピーチが多くの人に勇気と感動を与えたと、
ニュースで取り上げられていました。
私も同様に熱いものを感じましたが、
同時に別の思いも湧き上がってきました。
”うつ病や自殺未遂という言葉は誰もが知っているのに、
それをカミングアウトすると、なぜニュースになるんだ!?”
というものです。
それは、うつ病や自殺未遂といったことを公表できる人が少ない、
社会がこれらの苦しみを当たり前のものとして受け入れる準備が
できていないからではないか。
今の社会では、自分がうつ病だと周りに言えない人が数多くいます。
私たちはうつ病者に障害年金のサポートを行っていますが、
色んなお客さんがいます。
会社でのパワハラや過労により鬱病になったのに、
会社にうつ病のことを言えないまま退職した人がいました。
また、会社に助けを求めるために上司にうつ病であることを
告げたのに、「他の社員にはうつ病の話はするな」と
言われた人もいました。
うつ病者が偏見をもたれない社会はまだ先にあるようです。
グレアム・ムーア氏のような名スピーチであっても、
良い意味でニュースにもならないような社会、
当たり前に障害者が活躍できる社会がくることを願います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける