うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

そのうち引っ越したいと考えています

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
いきなり何ですが、
今の下北沢から別の所に引っ越したいと
最近考えています。
下北沢に引っ越してからもう6年になりますが、
新宿や渋谷にも電車で一本で行け、
交通は非常に便利です。
しかし、私も年を取ってきたのか
若者の街である下北沢にアウェー感を覚えるようになったのです。
というわけで、都会の近くの田舎に引っ越したいと思っています。
私の場合、障害年金の依頼は全国からありますので、
どこで仕事をしていてもあまり影響ないのです。
依頼人の近くの社労士事務所じゃないとダメだという意見もありますが、
私の依頼状況や実績を見る限りは直接会って話をしなくとも
メールや電話だけで障害年金のサポートは問題なく可能ということが分かります。
どこに住んで仕事しようか探し回っているところです。
実はある程度決まっていて、物件の空きが出るのを待っている状況です。
なのでもうしばらくは東京にいますが、
今年の後半から来年前半の間には事務所も含めて引っ越しているかもです。
詳細が決まったらまたお伝えしますね。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける