うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

緑茶に含まれるテアニンにうつ病改善の効果が!?

376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s
From:宮里竹識
下北沢の自宅より、、
緑茶に含まれるテアニンという成分が、
うつ病に効果的って知ってましたか?
そもそもテアニンとは何かですが、
緑茶に含まれるアミノ酸の一種で
さわやかなうま味と甘みを引き出す成分です。
このテアニンは、お茶の木の根の部分で作られます。
やがてテアニンはお茶の葉の部分に移動します。
そのお茶の葉が日光を浴びると、
お茶の苦味成分であるカテキンへと変化します。
つまり、お茶の種類や採取方法などによって
テアニンの量が変わってくるのです。
普通の緑茶よりは、
太陽の光を20日程度遮って新芽を育てる玉露や
茶葉を摘む前7日〜10日ほど太陽の光をさえぎるかぶせ茶の方が
テアニンは多いということが分かっています。
太陽の光がお茶の葉に当たってテアニンがカテキンに変わる量を
少なくしているからですね。
また、このテアニン、緑茶には多く含まれていますが
紅茶やウーロン茶には含まれていないそうです。
このテアニンには、次のような効果があります。
リラックス効果
●冷え性改善
●集中力アップ
●高血圧予防
脳の興奮を抑えて神経を沈静化させることで、睡眠を促す
うつ病の症状で不眠というのがありますが、
緑茶に含まれるテアニンを摂取することで快眠効果が得られ、
うつ病改善にもつながるようです。
仙台市に住む千人以上の高齢者に対して行った調査では、
一日4杯以上の緑茶を飲む人の方が、
うつ病の症状が少なかったという結果も出ているそうです。
とはいえ緑茶を大量に飲めば良いというわけではありません。
テアニンには重大な副作用は報告されていませんが、
過度に摂取することで排尿・下痢・胸焼けといった原因になることが
あるそうです。
何事も適量におさえることが重要です。
単純に緑茶を楽しむように
日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける