うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

月末に向けて障害年金受給代行奔走中!

From:宮里竹識
町田のスタバより、
今日は町田のスタバに来ています。
町田は私が以前住んでいた街で、
2002年から2010年まで住んでいたところです。
東京とはいえ都心から離れていますが、
商業施設、スーパーなどが充実していて非常に住みやすい街です。
買い物なんかも、
わざわざ都心に行かなくてもすべて町田で手に入ります。
そんな住みやすい町田ですが、
当時の職場まで通勤時間が1時間45分かかったため、
2010年に下北沢に引っ越したのです。
それがなければまだ町田に住んでいたでしょう。
実は障害年金専門の社労士として開業するときも、
町田で開業しようかと考えたものです。
しかし、あまりの人の多さに断念しました。
小田急線で新宿の次の人の乗り降りが多い町田です。
ここで開業してしまうと、
私の事務所にくるお客さん(うつ病者さん)は人の多さに
体調を崩してしまうと考えたのです。
そこで自宅近くの下北沢に事務所があるのですが、
町田ほどでないにしても下北沢も人がたくさんいます。
やはり体調を崩してしまうお客さんがいたため、
現在は東北沢の第2オフィスでお客さんとの打合せを
行うようにしています。
それはさておき、
今日来ているスタバもやはりオシャレ感が半端ないです。
店内のお客さんも大声でしゃべる人はいなく、
流れている音楽と相まって快適です。
町田にはいくつかのスタバがありますが、
今日来ている「まちの駅 ぽっぽ町田」のとなりにあるスタバは
町田で二番目に居心地がいいです。
一番は私が以前住んでいた町田市金森にあるスタバです。
そんなこんなでとりとめのない記事を書いていますが、
実は今は月末が近いということもあり、
障害年金の受給代行サポートがとても忙しいです。
この記事を書きながらもお客さんとメールのやり取りをしたり、
障害年金の書類を書いたりしています。
パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事できるので
かなり効率的に進めていますが、やはり月末は忙しいものです。
一部提出が来月になってしまいそうな案件もありますが、
できる限り急ぎで対応し、今月中に提出したいと思います。
おっと、ちょうどここで妻から電話がありました。
これから待ち合わせ場所でご飯を食べてきます。
というわけで、今日のところはここまでです。
また明日新しい記事でお会いしましょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける