うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

営業時間外の電話はとりません

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
私たち全国障害年金パートナーズの営業時間は
平日9時から17時です。
けっこうあることですが、
業務時間外や土日、祝祭日に電話をしてくる人がいます。
基本的には業務時間外は事務所にいませんので、
電話はとれません。
休日も同様です。
他の障害年金を扱っている社労士さんの中には
24時間365日対応というところもありますが、
残念ながら私たちはその対極にいます。
というのも、人間の集中力は24時間継続するものではないからです。
自分で言うのも何ですが、
全国障害年金パートナーズはかなり忙しい社労士事務所です。
業務時間中は本当に集中して障害年金のサポートに取り組んでいます。
その反動で、業務終了後は疲労感からかなりぐったりしています。
(仕事モードが終わってだらけているともいいます・・・)
そのような状況で電話に出ても適切な相談ができないのです。
それに、私自身家族との時間を大切にしたいのです。
サラリーマン社労士として働いていたとき、
1日15時間くらい仕事していましたので
家族のために時間を使うことができませんでした。
そのため、独立して開業するときには
仕事だけでなく家族のための時間も大事にすると決めているのです。
そういうこともあり、時間外の電話には基本的には出れません。
平日の午後が一番電話がつながりやすいと思います。
もちろん平日の夜や休日にしかまとまった時間を取れないという人もいますので、
そのような場合は事前に相談いただければ対応いたします。
私たちのような障害年金をサポートする仕事は、
ビジネスという要素もありますが、
人助けという要素もあります。
私の個人的な見解ですが、
「人助けは自分自身に余裕がなければできない」
と思っています。
なので、多くの人に障害年金で経済的安心を届けるためにも、
業務時間以外はしっかり休んだり家族サービスすることで
自分の人生を充実させ、余裕を作る必要があるのです。
そんなわけで時間外の電話は取れませんので、
よろしくお願いします。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける