うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

精神科医も大変みたいです・・・

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
現在はストレス社会だと言われているように、
様々なことにストレスがついてまわります。
特にストレスの度合いが大きいのが人間関係ですよね。
ある精神科医のブログを見たのですが、
患者さんとの人間関係にストレスを感じているようでした。
その医師はブログで予約を平気でキャンセルする患者がいて困る、
ということを言っていました。
たしかに予約制の病院では予約した患者さんのための時間を取るため、
その時間に他の仕事が入らないようブロックする必要があります。
でもいきなり予約をキャンセルしたりされてしまうと
その時間がぽっかり空いてしまいます。
予約制である以上、簡単に他の患者さんの診察時間にするということも
できません。
とはいえ患者さんの側でも急に体調が悪化して病院に行くこともできなくなる、
ということもあるため一概に予約キャンセルが悪いとも言い切れません。
難しいところです。
また、先ほどの精神科医は会社を休むための診断書目的で
病院に来る人も困ると言っていました。
これも難しいところですね。
本当に休んだ方がいい人が責任感から仕事を休めないことがある一方で、
休む権利を主張して安易に診断書を求める人もいます。
ただ、このあたりの問題は人それぞれ解釈は判断基準が違うので
正解や誤りというのは中々言えない気がします。
詐病で会社を休むために診断書を求める人なんかは論外ですが、
私個人はあまり無理をせずに病院に行くことをおすすめします。
それでも患者も色々、医師も色々です。
医師と患者の相性というのもあります。
自分の都合の良い医師を探すというスタンスはどうかと思いますが、
信頼できる医師を探すために病院を変えるのはありだと思います。
人間関係が大きなストレスになることもありますが、
信頼できる医師と人間関係を深めることはうつ病改善を促進させます。
人それぞれ、色んな考えがあってもいいのです。
先の精神科医の考えも間違いではありませんし、
それは違うと思う人の考えも間違いではありません。
無理して自分と合わない人に近付かなくてもいいのでは、
と感じた今日この頃です。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける