うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

一日7件の障害年金請求はしんどい・・・

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
今は月末の障害年金申請ラッシュ。
今日は一日で7件の請求を行いました。
朝10時30分に渋谷年金事務所に到着。
番号札を取って順番待ちです。
手続き件数が多いため、
受付票を書くだけでも20分くらいかかりました。
それから30分ほど待って私の番になります。
年金事務所で一件ずつ請求手続きを行います。
三件目の手続きが終わったところで、
「一人三件までと決まってますので、もう一度並んでください」
と言われました。
また並ぶのか、と正直思いましたが、
私以外にも順番を待っている人がおり、
私だけで何時間も年金事務所の職員を拘束するわけにもいきません。
他の人をあまり待たせてしまうのも申し訳ないので、
再度番号札を取って待ちました。
そして二回目の順番がきました。
そこで三件手続きが終わったところでもう一度並び直すのかと思いましたが、
ちょうど次の人がいなかったので、
そのまま手続きを進めてもらえました。
結果、7件すべて受理してもらえました。
さすがに一日で7件の申請を行うと疲労がたまります。
ただ書類を渡して終わりというわけではないので、
色んなやり取りがあるのですよ。
少しでも障害年金の可能性を上げるためにできることをやっています。
結局、3時間くらいは年金事務所にいたと思います。
今日も電話が鳴っても出れなかったです。
取りあえず今月の障害年金の書類提出はここまでです。
あと数名分の手続き書類を作れば少しは落ち着くと思いますので、
新しい靴でも探しに行きたいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける