うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

抗うつ薬の新たな利用法!生存率数%の悪性脳腫瘍に効果あり!?

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
この記事を読んでいる人の多くはうつ病で苦しんでいる人、
もしくはそのご家族ですので、抗うつ薬は普段から身近にあることでしょう。
その抗うつ薬ですが、他の病気にも効果がある可能性が分かってきました。
それも悪性の脳腫瘍にです。
岡山大学大学院の松井秀樹教授らの研究グループが、
ある種の抗うつ薬が悪性の脳腫瘍の治療に有効だと
英科学雑誌サイエンティフィック・リポーツに発表したのです。
悪性の脳腫瘍は、他のがんと比べても抗がん剤による治療が難しく、
中でも「膠芽腫(こうがしゅ)」は5年後の生存率が数%と
非常におそろしい病気です。
そこで研究グループは抗うつ薬などを使って研究を行ったところ、
抗うつ薬の1つが効果的に働き、マウスで行った実験でも
マウスの生存期間が15%延びたそうです。
この抗うつ薬と抗がん剤を併用して治療することで
今まで以上に効果の高い治療となる可能性があるのです。
まだまだ臨床試験の段階ですが、
今後脳腫瘍の治療には抗がん剤だけでなく
抗うつ薬も使われるようになるかもしれませんね。
医学は常に進歩しており、
うつ病の治療薬や治療法も新しいものがどんどん出てきていますが、
うつ病治療の研究から他の病気の治療につながる発見があるのも
何だか嬉しいものですね。
私自身は医学には貢献できませんが、
障害年金のサポートという形で
うつ病者の精神的不安を改善できればと日々考えています。
経済的不安が小さくなればうつ病改善にもつながってきますので、
うつ病で仕事も困難な状況にいる人は、
ぜひ私たち全国障害年金パートナーズに障害年金について相談ください。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける