うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ルンバとダイソンがあれば掃除は捗る!


From:宮里竹識
研究学園のスタバより、、
部屋の掃除って面倒ですよね?
私も一応は部屋の掃除をしていますが、
やはり面倒に感じてしまいます。
学生時代なんかは一人暮らしで小さな部屋に住んでいたので
比較的掃除は楽でした。
しかし8月につくばに移住してからは状況が大きく違います。
自宅兼オフィスというのもあり、
部屋面積が広いのです。
大体100㎡ほどあります。
その広さを定期的に掃除するのは
さすがに疲弊してしまいます。
そこでつくば移住をきっかけに購入したのが
ルンバとダイソンのハンディ掃除機です。
runba
daison
床はルンバが自動的に掃除しますので、
私は何もすることはありません。
今私はスタバで記事を書いていますが、
家を出るときにルンバのスイッチを入れてきたので
帰る頃には床掃除が終わっているはずです。
これで床掃除の苦労から解放されました。
とはいえルンバでは掃除しきれないところもあるので
そこはダイソンの出番です。
ハンディ掃除機を買ったので
片手で狭いところや棚などを簡単に掃除できます。
とくに布団にダイソンをかけたときは衝撃でした。
何という驚きの白さ!
といっても布団が白くなったのではなく、
ダイソンのゴミが溜まる部分が白い粉や埃などで
白くなったのです。
ダイソン持ちの人には有名だという
”白い粉”
私も体験できて感激です。
こんなにゴミがとれるんだなぁ・・・。
という感じで基本的な掃除はルンバで自動化、
細かいところはダイソンで丁寧に掃除する。
これで私の自宅兼オフィスはいつもピカピカです。
もちろん掃除自体もかなり楽になりました。
普通の掃除機で地道に掃除していたら
何倍もの時間がかかっていたことでしょう。
私はルンバで自動掃除、細かい所はダイソンで丁寧に、
という感じで掃除をしていますが、
実は障害年金の仕事にも同じことがいえます。
まずは障害年金の依頼を受ける前に
お客さんに障害年金や私たち全国障害年金パートナーズのことを
知ってもらわなければなりません。
この部分を自動化しているのです。
具体的には、次のようなことをやっています。
●広告
●日刊メルマガ・ブログ記事
●YouTube動画
●無料レポート
これらを通してうつ病の人やそのご家族に私のことを知ってもらうのですが、
これはシステム化されていてほぼ自動で行われます。
記事の作成自体はさすがに私が行っていますけどね。
でもメルマガ等は自動で配信されるため、
自動的にお客さんは私や障害年金についての情報を
手にしていくのです。
そして自分で障害年金の手続きをするのは難しいと感じた人は
私に受給代行を依頼してきます。
実際に依頼を受けた後の手続きは千差万別ですので、
私が一人一人に最適な方法で障害年金の申請を代行します。
このように、
集客は自動化して実際のサポートは私が一人一人丁寧に行っているのです。
ルンバで床掃除を自動化し、
ダイソンで細かい所を丁寧に掃除する。
私が行っている障害年金の仕事の仕組や流れと同じです。
全然違うものに見えても共通点はたくさんあります。
これを意識すると、
全く関係ないと思われることから業務改善のアイデアが
出てきたりするのです。
そんなわけでもうしばらくスタバで仕事をしたら、
ルンバできれいになった自宅兼オフィスに帰りたいと思います。
ではまた!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける