うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

番号非通知の電話には出ませんし、匿名での相談にも応じません!

From:宮里竹識
秋葉原のオフィスより、、
私たち全国障害年金パートナーズには、
毎日たくさんの電話やメールで相談がきます。
そのすべてに私が直接対応しているのですが、
例外もあります。
それが非通知での電話と匿名での相談です。
まず非通知の電話ですが、
番号が表示されていない時点で私は電話にでません。
こちらは顔も名前も住所も電話番号もすべて明らかにした上で、
プロの社会保険労務士として障害年金の相談に応じているのです。
しかもフリーダイヤルですので、
電話番号はこちらもちです。
そのような状況で、電話番号すら名乗らない秘密主義の人とは
話をしたくないのです。
過去に何度か非通知の相談に応じたことがあるのですが、
そのほとんどが私の障害年金のノウハウを無償で手に入れようとする
輩ばかりでした。
そのような人のために時間を使うくらいなら、
依頼してくれたお客さんが障害年金を受け取れるようにするには
どうすれば良いか、それを考え実践することに時間を使いたいのです。
なので私は非通知の着信には反応しません。
私と電話で話をしたければ、
必ず番号を表示するようにして電話ください。
また、メール相談の場合は氏名を記入する欄がありますが、
匿名や仮名での相談もお断りしています。
理由は概ね先ほどと一緒です。
私も一人の人間ですので、
こちらが氏名や個人情報を明示している以上、
名前を名乗らない人のために時間を使いたくないのです。
ただでさえ忙しくてお客さんからの依頼を断らなければならないことも
あるのです。
非通知で電話してくる人や匿名でメールしてくる人のために
私の時間を取られるわけには行かないのです。
また、私は障害年金のサポートを行う上で
お付き合いする人を選びます。
自分と合わない人を無理してサポートしても結果はついてこないですし、
双方ストレスがたまります。
ストレスは万病の元であり、
場合によってはうつ病にもつながります。
余計なストレスを遠ざけるというのは
障害年金のサポートを円滑に進めるためにも重要なことなのです。
この考え方は賛否分かれるでしょうが、
賛同いただける人とだけお付き合いできればと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける