うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

スーツのズボンに穴が・・・

From:宮里竹識
研究学園の珈琲館より、、profile1s
本日はお客さんと障害年金の打ち合わせを行い、
今はその打ち合わせが終わって一息ついているところです。
そこであることに気がついたのです。
それはズボンの内股部分がすり切れていたということです。
ズボンの内股部分、
しかも両足ともすり切れていたのです。
まだ何とかはけますが、
もうすぐ穴があいて素足が見えそうです。
私はこれまで体育会系でそれなりに運動してきました。
小学生の時から朝のジョギングを始め、
中学・高校は剣道、
大学ではタッチフット、
社会人になってからはジムに行ったりビリーズ・ブートキャンプに
いそしんでいます。
最近では自転車で長距離走ることも多いです。
するとどうなるか。
太ももに筋肉がつき、
足が太くなるのです。
そのように太くなった足で歩くと、
普通に歩いていても内股がすれてしまうのです。
そんなわけで歩きながら内股をこすり続けた結果、
スーツのズボンがすれてしまい、
穴が空きそうになったというわけです。
実はこのようなことは今回が初めてではありません。
定期的にズボンがすれて使えなくなってしまうため、
2年おきにスーツを買い直しているわけです。
今回もスーツの買い換え時期がやってきたというわけです。
そんなわけですぐにスーツを買うために
研究学園のショッピングモールにあるスーツ屋さんに
入ります。
そしてこう言うわけです。
「オーダーメイドでスーツをお願いします」
なぜオーダーメイドか?
それは、
私の体格にぴったり合う既製品が少ないからです。
体に合わないスーツを着ると不格好に見えます。
人に見られる仕事をしていますので、
見かけにも気を使わなければならないのです。
既製品よりは若干値もはりますが、
体に合ったスーツが手に入ることを考えれば
オーダーメイドが最適な選択なのです。
ついでにコートも新調することにしました。
これまで5年ほど使っていたコートが大分痛んできたので、
こちらもオーダーメイドで私の体に合わせたものを
注文します。
出来上がりは年末年始頃になるので少し待つことになりますが、
人からどう見られるかを意識しながら
障害年金のサポートを続けていきたいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける