うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病の人が外でマスクをつける理由とは?


From:宮里竹識
研究学園のスタバより、、
インフルエンザが流行しているときや
花粉の時期などは、マスク姿の人をよく見ますよね。
でも、それにしても最近マスクをした人が増えていると思いませんか?
2015年12月に行われた調査によると、
マスクユーザーの約半数は感染予防以外の目的で
マスクを使っているという結果がでました。
スッピン隠しや小顔効果を狙って
マスクをつけるという人も増えているそうです。
でも、心療内科や精神科に行くと
街中よりもマスクをしている人の率が高いように感じます。
それはなぜでしょうか?
もちろん風邪や花粉対策などでマスクをつけている人も
いますが、それらに関係なく日常的にマスクを使っているという人も
多いのです。
私たち全国障害年金パートナーズのお客さんにも
マスクを日頃からつけている人が多いので、
その理由を聞いてみました。
すると、
「人の視線が怖い」
「マスクをつけると少しだけ安心できる」
といった回答があったのです。
うつ病で苦しんでいる人は意欲がなくなり、
コミュニケーション能力も衰え、
対人関係にも自信を失っています。
そのようなうつ病者にとって、
マスクは自分を他人から隠し、
安心するためのツールになっているということです。
もしあなたがうつ病で苦しんでおり、
外出するのが怖くなっているのなら、
まずはマスクをして外に出てみてはいかがでしょうか?
素顔のまま外出するよりも少しだけ楽になれるはずです。
ただ、知らないうちにマスク依存になってしまい、
マスクをつけないと外に出られないという状況に
なってしまわないように注意してください。
マスクをつけることで他人の視線から身を守れるかもしれませんが、
実際には、他人はあなたのことを見ていません。
気にしすぎる必要はないのです。
マスクを日常的につける人が多いのは日本人だけなのです。
アメリカなら、
日常的にマスクをつけるのはマイケル・ジャクソンだけです。
マスクなんかなくても、
あなたの価値が損なわれることはないのです。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける